順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
先任准教授 神原 直幸

マスコミュニケーション

〔研究領域〕
メディアスポーツの特性について
〔研究領域のキーワード〕
視聴率、放送権、バイアス、メディア選択、接触効果
〔目標・方法・内容等〕
人とメディアとの健全な関係を築くために、メディア・リテラシー能力の向上は必須

スポーツ選手や球団についてわれわれが持っている知識のほとんどは、テレビや新聞などのマスメディアによって提供されたものです。しかし、多くのメディア 会社は営利団体であるため、人々の関心を集め、視聴率や売り上げ部数を向上させることに執心しています。その結果、「大げさな表現」や「紛らわしい表現」 などが横行するなど、メディアによって伝達される情報は、必ずしも現実を正しく反映しているとは限りません。
マスコミュニケーション研究室では、スポーツを中心とした情報提供の偏りについての現状確認作業と、そうした情報が受け手に与える影響について学習するこ とを通して、メディア・リテラシー(メディアを使いこなす能力)を向上させ、メディアとスポーツとの健全な関わりについて考えたいと思います。