順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
先任准教授 鯉川 なつえ

女性トレーニング(鯉川)

〔研究領域〕
性差を考慮した、スポーツ医科学・栄養学を活用したトレーニングとコンディショニングに関するコーチング学的研究
〔研究領域のキーワード〕
女性アスリート、コーチ養成、トレーニング、コンディショニング、性差
〔目標・方法・内容等〕
“ Training for Women ”
 近年、日本の女性アスリートの活躍はめざましく、ジュニアから出産後のシニアまで、世界のトップに君臨するほどの身体的、精神的“強さ”が備わってきています。その一方で、女性ならではの諸問題も多く、健康で長期的に高い競技力を発揮できるアスリートの育成が求められています。
 本ゼミナールのテーマは、女性アスリートのための「スポーツ医科学」、「トレーニング」、「コンディショニング」、「栄養生化学」および「性差」の正しい知識を備えたコーチングの実践的研究となります。
 また、順天堂大学女性スポーツ研究センターでの専門的な研究にも参加していきます。
 本ゼミナールでは、女性スポーツに関する学会、研究会等の参加や、講義、実習、演習等を通して研究テーマを自由に設定し、卒業論文をまとめてもらいます。男女を問わず、性差を理解することは、将来スポーツ指導者としても、また一般企業においても役立つことでしょう。