順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
准教授 窪田 敦之

スポーツ医学・運動器系2(窪田)

〔研究領域〕
新たな筋力トレーニングや筋力低下予防法の開発
〔研究領域のキーワード〕
スポーツ医学、コンディショニング、筋萎縮・筋力低下の予防、血流制限
〔目標・方法・内容等〕
スポーツ活動を充実させるために、目標とする大会で納得のいく結果が出せるかどうかは重要なことです。それと同じくらい、大きなケガをすることなくスポーツ活動を継続できるかどうかも重要で、このことは競技スポーツだけでなくレクリエーションスポーツにおいても言えることです。「最高のパフォーマンスを発揮するため」や「ケガをしないため」には、計画的かつ効果的なコンディショニングの実践が必要で、例えば私たちが普段何気なく行っている準備運動(ウォーミングアップ)やストレッチングもその一つです。そこで当ゼミナールでは、このようなコンディショニングを中心として、ケガ(スポーツ傷害)やトレーニング、リハビリテーション等の知識の習得を目指します。また、最初はグループ研究を通して、研究の手順や様々な測定器の使用法、プレゼンテーションの作り方や進め方等を学習してもらい、最終的には各自がみつけてきたテーマから卒業論文の作成および発表に取り組んでもらいます。なお、スポーツ医学(運動器系)1ゼミナールと連携して、学生自身の希望を取り入れながら実習や見学も随時行う予定です。