順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
教授 長登 健

スポーツ教育学

〔研究領域〕
スポーツ教育学~よりよい体育の授業創造を中心として~
〔研究領域のキーワード〕
体育教師、学校体育、子どもの体力向上、生涯スポーツ
〔目標・方法・内容等〕
 スポーツ教育という用語は、体育という名称の限界が議論され、これまでの体育という概念に代わるものとして提示されました。体育科教育学は、学校の体育科・保健体育科を中心的な対象とした教育学を意味しますが、国際的に見た場合にはこの専門科学の領域は体育教育学あるいはスポーツ教育学であって、狭く学校の教科教育に限定されるわけではありません。
 しかし、スポーツ教育学の中心的対象は青少年であると考えています。また、体育科教育学の研究対象は、①体育科教育原論、②教育課程論、③学習者論、④教材論(学習内容論)、⑤方法論、⑥評価論、⑦体育科教育に関わる制度や政策、その基礎になるイデオロギーの研究、⑧教師に望まれる知識、技能、論理規範、パーソナリティーの研究と多岐にわたっています。
 そこで、本研究室では、学校の体育科・保健体育科教育の発展と授業改善を目的とした研究方法、授業研究のための基礎理論や研究方法の習得、体育科・保健体育科教育にかかわる教材の研究などを中心として、教育研究の方法を多角的に学習することを目標にします。
 共に学ぶことを基本姿勢として、3年次には、体育科教育学の基礎理論を学ぶとともに、現場での体育実践を学びます。4年次には、各自の興味のあるテーマを内容にして進めていき、これらをもとに、卒業論文の作成へとつなげていきます。