順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
教授 内藤 久士

運動生理学(内藤)

〔研究領域〕
運動生理学
〔研究領域のキーワード〕
体力・加齢・骨格筋・トレーニング・健康づくり
〔目標・方法・内容等〕
 運動生理学とは,運動時の身体の働きとその変化,また運動トレーニングに対する身体の適応メカニズムを明らかにする学問です。その成果は,競技成績の向上のみならず,健康づくりのための運動・スポーツの指導にも大きく貢献しています。原則、毎週水曜日午前中に行われるゼミナールの授業では,モデル動物などを用いた基礎研究から,競技や健康増進の現場における実践的な活動に至るまで,運動生理学に関わる様々な事柄について基礎からしっかりと学ぶことを目指します。また,この授業時間以外にも,ゼミ活動として様々な測定,実験に参加し,運動生理学に関わる多くの「なぜ」を解き明かすためのテクニックを修得することを目指します。詳しくは,シラバスを参考にしてください。
 なお,平成28年度は研究室全体で運動・トレーニングに対する身体の生理生化学的応答・適応を題材としたプロジェクトを立ち上げ,大学院生たちとともにテーマを分担して,その成果をゼミ発表や卒業論文,学会発表などを通じて多くの人に知ってもらうことを計画しています。
 国内外の大学院への進学希望者を強く求めますが,スポーツ科学科の学生であればコースにかかわらず誰でも本ゼミナールを希望することが可能です。ただし,上述した方針・内容を良く理解した上で,どのような勉強や研究に取り組みたいのかのアイデアを明確にした上で,本ゼミナールを希望してください。

内藤ゼミ

内藤ゼミ2