順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
先任准教授 中村 恭子

ダンス運動学

〔研究領域〕
ダンス運動学、ダンス教育学、体育科教育学、健康教育学、スポーツ人類学
 (ダンスの運動特性の解明、ダンス学習指導法の開発、健康運動指導への活用)
〔研究領域のキーワード〕
ダンス、体育科教育、学習指導、鑑賞と評価、ダンスの心理的・生理的効果
〔目標・方法・内容等〕
①ダンスの良い動きとは何か?について、動作分析と鑑賞評価を組み合わせて解明していきます。アイマークレコーダーを用いて鑑賞者の視点を解析し、鑑賞者はダンサーのどのような動きに注目するのか、また、複数のダンサーが踊る映像でどのような動きのダンサーに注目するのかを分析して、鑑賞者の興味を集める良い動きについて検討します。

②学校体育のダンス領域について、具体的で明確な学習目標・系統的な学習内容と確実な指導方法の開発を目指します。大学での研究成果を現場の中学・高校で実践してもらい、教師の指導言語や生徒の反応を分析したり、アンケート調査を実施して授業内容と学習成果などについて分析したりします。

③Sports & Health for Allの目標のもと、ダンスを健康体力づくりに活用し、人々の健康支援に役立てることを目指します。順天堂越谷病院のデイケアにおいて運動プログラムを提供・指導し、体力測定や心理テスト、生理的指標を用いて、運動が患者様の体力維持や心理状態の改善にどのように影響するかについて分析します。

④3年次には、各自の興味に従って先行研究の文献講読、要旨の発表を行い、共通のテーマで実験や調査を実施し、統計処理など研究の基本を学びます。

⑤4年次の卒業論文制作では各自の興味に従ってテーマを決め、互いに協力し合って研究を進めます。研究テーマはダンス以外でもOKです

中村恭子ゼミ1

中村恭子ゼミ2

田中ゼミ2