順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
准教授 佐々木 啓

環境衛生学

〔研究領域〕
微生物学
〔研究領域のキーワード〕
微生物 細菌 抗菌薬 食中毒
〔目標・方法・内容等〕
●日和見病原体の病原機構の解明
近年、これまであまり病原性が高いと考えられていなかった日和見病原体による感染症が増加している。これらの病原体は、巧妙な仕組みを利用して我々の細胞に感染したり、免疫担当細胞から逃れたりすることが知られている。当研究室では、病原体と宿主との関係を明らかにすることを一つの目標にしている。とくに日和見病菌が産生するタンパク質が宿主細胞に及ぼす影響とその病原機構について、マウスの日和見感染菌をモデルとして解明していく計画である。
 ●病原体や有用微生物のサーベイランス
身近な環境には様々な病原体が棲息している。度重なる異常気象や、ヒトの生活環境やサイクルの変化により、これらの病原体の棲息域も日々変化していると考えられる。この病原体の動態を知るには、サーベイランスによって現状を把握する必要がある。そこで、環境中に棲息する病原体や、食中毒の原因菌のサーベイを行っていく計画である。また同時に我々の生活に有用な物質を生産してくれる微生物の調査も行う予定である。

環境衛生学研究室ホームページ
http://square.umin.ac.jp/jun_health_LS/index.html