順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
先任准教授 渡邉 貴裕

心身障害学

〔研究領域〕
障害児・者の健康づくりと運動・スポーツ指導
〔研究領域のキーワード〕
心身障害、健康づくり、運動・スポーツ指導、特別支援教育、特別支援学校
〔目標・方法・内容等〕
 心身に障害のある子どもの多くは、運動経験の不足、体育への苦手意識等がみられると言われています。また学齢期における保健指導を含む健康教育も十分ではなく、特別支援学校を卒業してからも健康面で様々な課題があることも指摘されています。障害がある人たちのスポーツ環境(ソフト面、ハード面)が十分に整っていないこともその一因であると考えられています。
 そこで、本ゼミナールでは、心身障害児者の健康づくり、運動・スポーツ指導をキーワードとしながら、その現状と課題について資料を通して学び、具体的な方策について実践を通して考えていきます。また、大学卒業後に特別支援学校をはじめとする教育現場で、障害のある子どもたちに対して適切な保健指導、効果的な体育指導ができる教員になることを目指します。
 ゼミナール活動としては、特別支援学校の学校見学(授業観察)、順天堂医院(本郷)に長期入院している子どもたちへの体育指導、千葉県特別支援学校体育・スポーツ大会へのボランティア活動、知的障害者の施設における身体測定や運動指導、健康管理等を行います。
 上記の活動と合わせて、特別支援教育の基礎や学校現場における様々なトピックについて学び、教員採用試験対策の勉強会も実施していきます。