順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
准教授 渡 正

スポーツ社会学

〔研究領域〕
スポーツ社会学/社会学,スポーツ政策
〔研究領域のキーワード〕
障害者スポーツ,スポーツ観光,オリンピック/パラリンピック,メディア
〔目標・方法・内容等〕
 スポーツ社会学は、スポーツ現象を「社会」というファクターを通して理解する学問です。スポーツを社会現象や文化として理解することで,スポーツの独自性を捉えたり,私たちが生きるこの世界における「スポーツ」のポジションだったり,それに関わる人びとがスポーツからどのような経験や意味を得ていたりするのかを考えていこうとするものです。
 そのため,スポーツ社会学の研究対象は多岐にわたり,「健康」や「余暇」,「体育」といったスポーツ現象に隣接したもの(あるいは文化など)も含んでいます。社会学は,物事を観察するときに出来るだけ広い視野を確保しようとするところに特徴があります。
 これを学ぼうとする学生には、スポーツだけにはとどまらず、広くさまざまな社会的現象に対して興味をもち、自分の頭と身体を使って考えることを求めます。実際にスポーツを観たり,行ったりするだけではなく,文献を読みこんだり,他人と議論したり,自分の意見を文章にして発表することに興味を持てることが重要です。こうした活動は,時に大変な労力を伴うこともあるでしょうし,時間を大きくとらなければいけないこともありますが,卒業後にもきっと活きることでしょう。
 3年次(通常&サブゼミ)では、スポーツ社会学の教科書的な文献を輪読・ディスカッションし,社会学的な思考を学び育んでいきます。また,研究室全員で取り組む課題(参加者との協議で内容を決めますが,たとえば障害者のスポーツツーリズムなど)を決定しテーマに関する研究も行います。4年次では、自ら選んだテーマについて,自ら資料やデータを収集し、卒業研究に挑戦します。
 みなさんには,実際の現場でのフィールドワーク(実践・観戦・調査)やゼミの仲間とのコミュニケーションやチームワーク,そしてなによりゼミでのさまざまな試行錯誤を楽しめる姿勢をもつことを期待しています。