順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
助教 山中 航

生理学(山中)

〔研究領域〕
神経生理学、脳科学
〔研究領域のキーワード〕
情動、学習、行動制御、モチベーション、神経調節物質
〔目標・方法・内容等〕
 心と身体は密接な関係を持っています。お腹の調子が悪いときは心も沈んでしまいますし、スポーツの試合中で闘争心にあふれているときは少々の痛みは感じないものです。我々の研究室ではこのような心と身体の関係がどのような仕組みによって成り立っているのか?そのメカニズムの解明を大きな目標としています。大脳皮質や脳幹・延髄といった中枢神経系や交感神経・副交感神経といった自律神経系、そして動物の行動について、神経生理学的・分子生物学的手法を用いて計測および操作を行い、このような問題の解決にチャレンジしていきたいと考えています。
 
主な研究テーマとしては、以下の2つです。
(1) 運動の好き嫌いはどのような脳のメカニズムで決まるのか?
運動やスポーツが好きな人と嫌いな人の違いは何で決まるのでしょうか?運動嫌いな人を運動好きにすることはできるのでしょうか?脳の中にはモチベーション(やる気)に関係するといわれるドーパミンという物質があります。このドーパミンが運動やスポーツをやろうとするときにどのような振る舞いをするのか調べることでこの問題に取り組んでいきます。

(2) 苦痛や疲労のようなネガティブな要因が情動や動機づけ・行動パフォーマンスにどのように影響するか?
運動やスポーツをしているときに、「苦しい」とか「もうやめたい」というような気持ちは皆さん経験あるかもしれません。このような状況のとき、もうひと頑張りするにはどうしたら良いのでしょう?脳の中で負の情動を処理すると考えられている「扁桃体」と呼ばれる領域に注目して、苦痛を感じるメカニズムを明らかにしていきます。
 
ゼミナールの内容としては、実際に教員と共に研究活動に参画しながら、そもそも何が問題でどのように解決するのか、生理学的なアプローチで明らかにしていく過程を学習します。4年次には卒業論文を作成し、成果として発表します。生理学研究室として、和気ゼミと密な連携を図りながら進めていきます。