順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
JOCスポーツ賞「トップアスリートサポート賞」受賞

2006.6.2 その他

JOCスポーツ賞「トップアスリートサポート賞」受賞

このほど、平成17年度JOCスポーツ賞「トップアスリートサポート賞」優秀団体賞に、本学が決定しました。
この賞は、国際スポーツにおける、選手・指導者を取り巻く環境の整備に努め、それらの活動を積極的に支援することにより、競技力の向上に尽力する等、我が 国の選手強化の基盤を支えている企業・学校等を財団法人日本オリンピック委員会が表彰する制度です。
なお、表彰式は6月11日(日)午後4時から渋谷「NHKホール 北ロビー」で行われます。
その他の受賞団体と受賞理由は以下のとおりです。

 

JOCスポーツ賞「トップアスリートサポート賞」受賞団体
 

>>最優秀団体賞

団体数
団体名
理  由
1
北野建設株式会社
同社スキー部の選手強化のみならず、日本ノルディックスキー(ジャンプ、コンバインド)及びフリースタイルスキーの 選手強化・育成のため継続的に尽力しているとともに、多くの冬季オリンピック選手を輩出。また、指導者についても長年にわたりナショナルチームへの派遣、 さらに、競技大会への審判派遣などスキー競技の発展に多大な貢献をしている。

>>優秀団体賞

団体数
団体名
理  由
1
順天堂大学(私立)
スポーツ医科学の研究成果を通じて、スポーツ実践を多角的な視点から追求し、その結果として多くの国際レベルの競技者、指導者を強化・育成している。ま た、企業等に就職したトップアスリートが大学の施設を利用し各自のトレーニングを実践できる環境を整備し、学生への刺激並びに模範指導という面でも若手選 手の育成に大きく貢献している。
2
特殊医療法人徳州会
企業スポーツの休廃部が相次ぐ中、1998年に体操ニッポンの復活とトップアスリートの育成を目指して体操クラブを創部。選手、指導者を社員として雇用 し、本年中には強化拠点の確保に向けたサポート体制を整えるなど、日本体操界の復活に果たした功績は大きい。また、体操クラブとしても地域貢献のための活 動を積極的に行っている。
3
関東自動車工業株式会社
1970年社内にヨット部を設立し、1975年から大学の有力選手を採用するなどオリンピックへの選手強化活動を開始。選手、指導者の強化環境を整え、 1988年のソウルオリンピックに代表選手を輩出以降、オリンピック競技大会、世界選手権大会等に多くの選手を輩出すると共に、有望選手の採用や競技団体 への協力など多大な貢献をしている。
4
協和発酵工業株式会社
「仕事と卓球の両立」モットーに卓球部を創部。全員社員として採用すると共に、現役引退後に職場復帰できる体制を整えており、選手、指導者の強化環境を長 年にわたり支えている。近年は職場密着型として卓球部スタッフ、選手と職場の方々との関係を充実させる活動を推進すると共に、地域や地方での自社選手のふ れあい等に活動も積極的に行っている。
5
関西大学(私立)
冬季競技の通年型強化施設の必要性が叫ばれる中、国内の大学で初めて国際競技規格(30m×60m)の通年型アイスアリーナを建設中(本年7月竣工予 定)。完成後は、他大学や地域社会にも施設開放し貢献していく予定。また、海外遠征が多い競技者(学生)に対して適宜Webによる授業を実施するなど、学 生の学業ならびに教科環境整備に貢献。

>>JOCスポーツ賞規程

第1条 (目的)

JOCスポーツ賞は、オリンピックムーブメントの推進及びスポーツの各分野で優れた成果を挙げた者に対し、その栄誉を讃えることを目的として設置するものとする。

第2条 (種別)

JOCスポーツ賞は、「JOCオーダー」、「年度賞」、「特別貢献賞」及び「トップアスリートサポート賞」の4種別とする。

第3条 (JOCオーダー)

「JOCオーダー」は、長年にわたりオリンピックムーブメントの推進に多大の貢献をした者に贈呈する。ただし本会理事・監事及び加盟団体選任評議員は対象としない。

第4条 (年度賞)

  1. 「年度賞」は、本会加盟のスポーツ団体の選手・指導者を対象とし、当該年度において優れた成果を挙げた個人又は団体に贈呈する。
  2. 「年度賞」は、最優秀賞-1、優秀賞-若干、新人賞-若干、特別功労賞-若干、特別栄誉賞-若干の5種類とする。
  3. 受賞者には、いずれも正賞(賞状)、副賞(メダル、トロフィー、報奨金)を贈呈する。

第5条 (特別貢献賞)

  1. 「特別貢献賞」は、本会の実施する諸事業に積極的に協力、貢献し、特に賞を授与するにふさわしいと思われる個人および加盟団体に贈呈する。
  2. 受賞者には、いずれも正賞(賞状)、副賞(報奨金)を贈呈する。

第6条 (トップアスリートサポート賞)

  1. 「トップアスリートサポート賞」は、選手・指導者を取り巻く様々な環境の整備に努め、それらの活動を積極的に支援することにより国際競技力向上に尽力するなど、わが国の選手強化の基盤を支える企業・学校等に贈呈する。
  2. 「トップアスリートサポート賞」は、最優秀団体賞-1、優秀団体賞-若干の2種類とする。
  3. 受賞団体には、いずれも正賞(賞状)、副賞(記念品)を贈呈する。
  4. その他、トップアスリートの育成、強化に努めた企業、学校等に感謝状を贈呈することも出来る。
財団法人日本オリンピック委員会

前のページに戻る