順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
世界体操 団体総合で37年ぶりの優勝。順大選手勢活躍!個人種目別あん馬で萱選手(1年)が銅メダル!

2015.10.30 体操競技部 体操競技部

世界体操 団体総合で37年ぶりの優勝。順大選手勢活躍!個人種目別あん馬で萱選手(1年)が銅メダル!

10月28日にイギリス・グラスゴーで行われた『世界体操選手権』で、日本は団体総合で37年ぶりの優勝を果たし中国の7連覇を阻止しました。昨年の中国・南寧大会では、0.1点差で優勝を逃していました。
日本チームの中で、本学からは加藤凌平選手(4年)は4種目、早坂尚人選手(2年)は2種目、萱和磨選手(1年)は あん馬、平成24年卒の田中佑典選手(コナミスポーツクラブ)は3種目に出場しそれぞれ活躍をし、日本の優勝に貢献をしました。
また、種目別決勝では、萱和磨選手があん馬で銅メダルを獲得しました。

詳しい成績はこちらをご覧ください。

2015世界体操 加藤凌平2

加藤凌平選手(4年) ©フォートキシモト

2015世界体操 早坂尚人2

早坂尚人選手(2年) ©フォートキシモト

2015世界体操 萱和磨3

萱和磨選手(1年)  ©フォートキシモト

前のページに戻る