順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
佐野優人選手「2019 IBSA ゴールボール アジアパシフィック選手権大会」銅メダル獲得

2019.12.11 障がい者スポーツ同好会 障がい者スポーツ同好会

佐野優人選手「2019 IBSA ゴールボール アジアパシフィック選手権大会」銅メダル獲得

(佐野優人選手)2019IBSAゴールボール アジアパシフィック選手権大会


2019年12月5日(木)~10日(火)にかけて千葉ポートアリーナで開催された「2019 IBSA ゴールボール アジアパシフィック選手権大会」において、佐野優人選手(健康学科1年)が出場した日本男子チームが3位決定戦に勝利し銅メダルを獲得しました。

また大会3連覇を達成した日本女子チームとともに、ゴールボール日本チームは開催国枠で東京パラリンピックへ出場致します。引き続きご声援ください。

※:ゴールボール:1チーム3人がアイシェード(目隠し)をして、鈴の入ったボールを転がすように投球し合って得点を競う、視覚障がい者の球技。パラリンピックの正式種目。

(佐野優人選手)2019IBSAゴールボール アジアパシフィック選手権大会

前のページに戻る