順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
文京区教育委員会と連携し、【BUNKYO 2020 サーキットトレーニング】を考案しました

2020.3.10

文京区教育委員会と連携し、【BUNKYO 2020 サーキットトレーニング】を考案しました

「文京区子どもの体力向上事業」の一環として、児童の体力・運動能力向上を図るため、昨年4月から約10か月に亘り、区立青柳小学校(文京区体力向上モデル校)及び、文京区教育委員会、本学教員の荻原朋子准教授、河村剛光准教授、高梨雄太助教らによって、「BUNKYO 2020 サーキットトレーニング」が考案されました。
 
今回考案されたサーキットトレーニングは6種目(校庭3種目/体育館3種目)あり、敏捷性・持久力・投力・腕支持力・逆さ感覚・跳躍力・体幹の力・全身のコーディネイト力・柔軟性等の向上が期待されます。また東京オリンピック・パラリンピックの競技種目を意識するとともに、短時間・限られたスペースでも、効果的に身体を動かすことのできるトレーニングとなっています。

学年や体力レベルに応じて、内容をアレンジするなど、各学校・チーム等で工夫しながら実施することで運動の幅が広がります。トレーニングは個々で実施しても効果がありますので、ご家庭等でもぜひチャレンジしてみてください。実際のトーニングの方法やポイントは「YouTube版文京区公式チャンネル」(外部ページにリンクします)からご覧いただけます。


▼文京区民チャンネルインターネット動画配信 『おしえて ぶんきょう子育て先生』

前のページに戻る