順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
スポーツ健康科学部 吉村雅文 学部長・さくらキャンパス 廣瀬伸良 学生部長からのメッセージ

2020.5.20

スポーツ健康科学部 吉村雅文 学部長・さくらキャンパス 廣瀬伸良 学生部長からのメッセージ

スポーツ健康科学部学生 各位
 
新型コロナウィルス感染拡大に伴い、全国的な緊急事態宣言下の自粛生活期間が1か月半になろうとしています。さくらキャンパスに在籍する学生各位については、社会的秩序を遵守し、不自由ながらも健康で前向きな生活を送ってくれていることに感謝いたします。
 
現況、本学部学生からの陽性者3名もその後の観察期間における複数回の検査で陰性となり、濃厚接触者からの2次感染や地域への拡大もありませんでした。また、帰省した学生や新入生からの新たな感染者報告も皆無であり、当初、散見された地域住民からの問い合わせ等も今は全く無くなりました。これらの成果は順天堂大学学生としての誇りと社会的責任について学生一人ひとりが強固な意志を持って行動してくれている賜物だと思います。
 
さて、先週には多くの県で緊急事態宣言が解除されたことを受け、限定的かつ段階的に社会活動再開の動きが出て来ています。さくらキャンパスのある千葉県や東京都については、未だ解除とはなりませんが、状況は好転の方向性を示していると考えられます。
 
さくらキャンパスにおきましては、学生の皆さんが一日も早い学内活動が再開できるよう、各施設の利用など(場所、活動人数、時間帯など)の段階的な準備に入っています。 現況では、新型コロナに対応した新しい社会生活様式など様々な制約を守りながら、また、地域での責任ある行動から住民の方々との信頼関係を育みながら、さくらキャンパスでの活動を始めなくてはいけません。また、その状況を感染収束まで維持できるかが大きな課題であり、本学が感染第2波の影響を受けると自粛期間の延長も否定できません。
 
学生の皆さん、現在、学内の教職員が力を合わせて、活動再開への準備を進めています。現況においては、活動再開はそうは遠くない、と考えています。今一度、自身の生活を見つめ直しながら、健康で安全、且つ責任ある行動をとって生活してくれることを切に願います。

スポーツ健康科学部学部長 吉村雅文
さくらキャンパス学生部長 廣瀬伸良

前のページに戻る