順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
スポーツ健康科学部 中嶽誠 バスケットボール部長からのメッセージ

2020.6.8

スポーツ健康科学部 中嶽誠 バスケットボール部長からのメッセージ

華麗なスリーポイントシュートや豪快なダンクシュートはバスケットボールの大きな魅力です。
しかし、シュートのおよそ半数は外れるので、試合ではリバウンドボールをいかに獲得するかが勝利の鍵を握ります。よく「リバウンドを制するものはゲームを制する」と言いますが、どこに落ちるかわからないボールをどうやって自分たちのボールにするか…。
今、我々が直面しているこの状況と同じかもしれません。
 
授業や練習・・・多くの学生が活動できない状況にあり、とても残念な気持ちでいっぱいです。
先が見えない今、多くの先輩方も社会人として、教員や指導者として、またプロ選手として、新型コロナウイルスに立ち向かっています。私たちも、どこに落ちるかわからないリバウンドボールのような状況だからこそ、先を予測し良いポジションを占めるためのアイディアを出しませんか。きっと普段とは違う視点があり、それに向き合う時間もあります。既存の概念から少し離れ、新しい観点から自分たちを強化できないでしょうか。
 
今こそ皆さんが「新しい日常」「新しい競技観」を構築してみてください。数カ月先、1年先には、パワーアップしていることを心から楽しみにしています!
 
バスケットボール部 部長・監督
中嶽 誠

前のページに戻る