順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
スポーツ健康科学部 中田学 バレーボール部監督からのメッセージ

2020.6.23

スポーツ健康科学部 中田学 バレーボール部監督からのメッセージ

スポーツ健康科学部の皆さん
運動部所属の皆さん
 
緊急事態宣言が明け、県をまたぐ移動も緩和されました。
とはいえ、思うようにスポーツをすることができない、存分に体を動かすことすらできない、競技によっては、いつ次の大会があるのかすら分からない状況から、まだまだストレスや不安、モチベーションの低下を抱えている学生は多いと思います。
 
しかし皆さん。苦しい時こそ胸を張って前を向きましょう!
何をしたら良いか分からない…
大会があるかも分からない状態でやる気がでない…
理由を付ければ様々な言い訳が出来てしまいますが、
「今できること」、「今だからできること」をもう一度考えて実行してみよう。
 
成長するうえで大切なことは、眼に見える成果や結果だけでなく、そのプロセスの中で、
苦しんだり悩んだり、笑ったり泣いたり、たくさん心を動かすことだと思います。
皆さんもぜひ、そのプロセスを大事にして下さい!
 
先週プロ野球が開幕し、Jリーグも来月に開幕、高校野球も甲子園交流試合を8月に開催するなど、スポーツ界にも様々な復活の動きが出てきています。
明るいスポーツ界がすぐそこに待っていることを信じて、共に頑張りましょう!
 
またさくらキャンパスで
みんなで笑顔で、授業や部活動ができる日を楽しみにしています。
 
バレーボール部
監督 中田 学

前のページに戻る