順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
スポーツ健康科学部 武田剛 水泳部監督からのメッセージ

2020.7.3

スポーツ健康科学部 武田剛 水泳部監督からのメッセージ

「新しいスポーツを私たちが実践しよう」
 
スポーツ健康科学部の皆さんへ
 
新型コロナウイルス(COVID-19)の世界的な感染拡大によって、世界は一変しました。
人間の接触の伴う経済活動、スポーツ活動は大きく制限されることとなってしまいました。
現在日本国内における爆発的な感染拡大は国民の自粛によって抑えられています。
人との接触機会を減らす自粛生活において、身体活動やスポーツが人の健康に与える影響を私たちは実感できるようになったと思います。
 
スポーツは人を豊かにし、活力を与えるものです。
この自粛や接触が制限される状況は決して望まれたものではありません。しかし、この時期は私たちがスポーツの本質や価値に向き合える良い機会であったと捉えるべきです。
まだまだ以前のような自由な経済活動やスポーツ活動は戻ってきません。
 
今こそ、スポーツ医科学を学び研究する私たちが、新しいスポーツの価値、新しいスポーツの実践の仕方を考え、発信し、実践するべきです。
状況を嘆くだけでは、何も変わりません。私たち一人一人が自ら動くことによって世界が変わります。
私たちができることを日々積み重ねましょう。本学の「不断前進」の理念のもとに。
 
水泳部監督 武田 剛

前のページに戻る