順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
本学が総合3位と健闘 トップ3は20年ぶり 全日本大学駅伝

2021.11.8 男子駅伝 男子駅伝

本学が総合3位と健闘 トップ3は20年ぶり 全日本大学駅伝


 第53回全日本大学駅伝対校選手権大会が11月7日、愛知・熱田神宮西門前から三重・伊勢神宮内宮宇治橋前までの8区間106.8kmで行われ、本学駅伝チームは総合3位になりました。全日本大学駅伝で本学がトップ3に入るのは2001年以来20年ぶりになります。

 今大会では、10位でたすきを受けた2区の三浦龍司選手(2年、写真中央)が区間賞の快走でトップへ。その後も常に上位でレースを展開しました。最後は8区アンカーの四釜峻佑選手(3年)が区間2位の力走で5位から3位にチームを押し上げ、フィニッシュテープを切りました。

 来年1月2、3日の箱根駅伝に向け、大きく弾みがつく結果となりました。引き続き応援のほど、よろしくお願い致します。

三浦 龍司 代表撮影のためクレジット不要 (1) - コピー

《第53回全日本大学駅伝対校選手権大会 結果》
【総合3位】順天堂大学    5:14:20
  1区(  9.5km)   平 駿介    (3年)           27:25               区間11位
2区(11.1km)   三浦 龍司 (2年)           31:30               区間1位
3区(11.9km)   伊豫田 達弥(3年)           34:09                 区間5位
   4区(11.8km)   石井 一希 (2年)           34:57                 区間14位 
5区(12.4km)   野村 優作 (3年)           36:05                 区間2位
6区(12.8km)   牧瀬 圭斗 (4年)           37:47                 区間4位
7区(17.6km)   近藤 亮太 (4年)           53:33                 区間9位
8区(19.7km)   四釜 峻佑 (3年)           58:54                 区間2位

前のページに戻る