順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
2大会ぶり7度目の優勝 全日本体操団体選手権

2021.12.13 体操競技部 体操競技部

2大会ぶり7度目の優勝 全日本体操団体選手権

 第75回全日本体操団体選手権が12月11、12の両日、東京都の国立代々木競技場第一体育館で開かれ、本学男子が2大会ぶり(3年ぶり)7度目の優勝を果たしました。 

 床運動、あん馬、つり輪、跳馬、平行棒、鉄棒の6種目の合計で競い、各チームから各種目に3選手ずつ出場。本学は橋本大輝選手(2年)、三輪哲平選手(3年)が5種目、鈴木茂斗選手(4年)、大久保圭太郎選手(4年)、村山覚人選手(3年)、江俣有寿彩選手(1年)が2種目に出場しました。

 橋本選手は跳馬で15.200点を記録するなど4種目で15点台をマーク。このほか、大久保選手が跳馬で14.966点、三輪選手が平行棒で14.700点を記録するなど奮闘しました。合計で260.764点となり、2位の徳洲会体操クラブや3位のセントラルスポーツなどの強豪を上回りました。

1位順天堂大学 260.764
2位徳洲会体操クラブ 257.929
3位セントラルスポーツ 256.663
4位鹿屋体育大学 255.394
5位日本体育大学 252.060
6位朝日生命 251.494
7位(公財)栃木県スポーツ協会 249.228
8位筑波大学 248.691
9位コナミスポーツ 247.863
10位相好体操クラブ 246.960

鉄棒 橋本

鉄棒で着地する橋本大輝選手

あん馬 三輪

あん馬の演技に臨む三輪哲平選手

前のページに戻る