順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
北折愛里選手が全日本タンブリング年齢別選手権で優勝 国際大会「ワールドゲームズ」に出場へ

2022.3.9 体操競技部 体操競技部

北折愛里選手が全日本タンブリング年齢別選手権で優勝 国際大会「ワールドゲームズ」に出場へ

北折愛里HP

 第8回全日本タンブリング・ダブルミニトランポリン競技年齢別選手権大会が3月5、6日に静岡県の磐田市アミューズ豊田で行われ、体操競技部の北折愛里選手(1年)が、タンブリングのオープンの部(17歳以上の選手が出場)で優勝しました。この大会は7月に米国で行われる「ワールドゲームズ2022」の日本代表選考会も兼ねており、派遣基準点を越えて優勝した北折選手は日本代表1枠に選ばれました。
 タンブリングはトランポリン競技の一種で、助走路で勢いをつけ、スプリングが床に入った約25mの直線「タンブリングバーン」で宙返りなどアクロバットな技を披露し、約6mの着地ゾーンで演技を終えます。
 北折さんは昨年にアゼルバイジャンで行われた世界選手権にも出場しており、今夏のワールドゲームズでの活躍が期待されます。引き続き応援のほど、よろしくお願い致します。

前のページに戻る