順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
橋本大輝選手、苦しんで2連覇  体操NHK杯

2022.5.16 体操競技部 体操競技部

橋本大輝選手、苦しんで2連覇  体操NHK杯

橋本優勝ポーズ400

 体操のNHK杯が5月14、15の両日、東京体育館で行われ、橋本大輝選手(スポーツ健康科学部3年)が男子2連覇を果たしました。あん馬、鉄棒で落下するなど本調子ではありませんでしたが、優勝した4月の全日本個人総合選手権の得点が持ち越されたため、逃げ切っての優勝になりました。
 本人が「調整不足」と話すように、随所でミスが目立ちました。東京五輪で種目別金メダルに輝いた鉄棒は2度落下し12.600点に低迷。ただ、跳馬で14.900点をマークするなど〝王者〟の意地を見せ、全日本選手権の得点と合わせて計257.793点で優勝しました。
 苦しみながら6種目を戦い抜いた経験が、次戦以降に生かされるはず。10、11月の世界選手権(英国)日本代表に内定しており、さらなる飛躍に期待したいところです。
 引き続き橋本選手への温かい応援をよろしくお願い致します。

橋本つり輪640

つり輪の演技に臨む橋本大輝選手

前のページに戻る