順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
ゴールボール日本代表がアジア制覇 佐野優人選手、全試合に先発出場

2022.8.8 障がい者スポーツ同好会 障がい者スポーツ同好会

ゴールボール日本代表がアジア制覇 佐野優人選手、全試合に先発出場

 ゴールボールのアジア・パシフィック大会「2022 IBSA Goalball Asia Pacific Championships」が7月25日から29日まで、バーレーンで開催され、日本代表男子チームが初優勝を果たしました。日本代表には、昨夏の東京パラリンピックにも出場した本学の佐野優人選手(スポーツ健康科学部4年)が選ばれており、日本の金メダル獲得に大いに貢献しました。
 ゴールボールは、「アイシェード」と呼ばれる目隠しを装着し、鈴の入ったボールを両チームが投げ合ってゴールを奪い合う競技です。音を頼りに味方にパスしたり、相手が投げたボールを阻止したり、技術や戦略、度胸などが求められます。
 世界ランキング8位の日本は予選ラウンドを全勝で通過。準決勝でタイ、決勝でイランを倒し、優勝しました。佐野選手は全試合に先発出場し、チームをアジアの頂に導きました。
日本代表はアジア王者として、12月にポルトガルで開催される世界大会に出場します。引き続き佐野選手への応援をよろしくお願い致します。

佐野優人(640)

金メダルを獲得し表彰を受ける日本代表。左から5人目が佐野選手

前のページに戻る