順天堂大学スポーツ健康科学部/大学院スポーツ健康科学研究科
  • 文字サイズ
  • 文字サイズマイナス
  • 文字サイズプラス
本学男子が2年連続30回目の優勝 陸上日本インカレ

2022.9.12 陸上競技部 陸上競技部

本学男子が2年連続30回目の優勝 陸上日本インカレ

 第91回日本学生陸上競技対校選手権大会(日本インカレ)が9月9~11日、京都市のたけびしスタジアム京都で開催され、本学男子が68点を獲得し、2年連続30回目の優勝を果たしました。 
 種目別では、100mで宇野勝翔選手(3年)、110m障害で村竹ラシッド選手(3年)、10000m競歩で住所大翔選手(大学院博士前期課程1年)、棒高跳で石丸颯太選手(大学院博士前期課程2年)がそれぞれ優勝。10000m競歩では住所選手の他、2位に萬壽春輝選手(3年)、3位に立岩和大選手(大学院博士前期課程1年)が入り、表彰台を独占しました。
 本学女子は37.5点で総合8位でした。種目別では800mで山口光選手(4年)、1500mで小野汐音選手(4年)、10000m競歩で梅野倖子選手(2年)がそれぞれ優勝しました。
 日本インカレはそれぞれの種目で1位=8点、2位=7点、3位=6点……8位=1点が与えられ、各種目の合計で総合順位を決めます。本学男子はトラック48点、フィールド19点、混成1点を獲得。本学女子はトラック35点、フィールド2.5点を獲得しました。

全カレ総合優勝 集合写真ページ

前のページに戻る