トップ > クラブ・同好会 > 同好会一覧 > 障がい者スポーツ同好会

障がい者スポーツ同好会

2020障がい者スポーツ同好会TOP

共生社会実現のために!!
私たちは、障がい者スポーツを「知る」・「する」・「伝える」ことを目標に活動しています。学内・学外関係なく様々な活動を主体的に行っていきます!

お知らせ

戦績報告

活動TOPICS

障がい者スポーツ同好会プロフィール

部員数

男子18名、女子24名(2021年5月1日 現在)

目標ならびに抱負

私たちの目標は、1人でも多くの人に障がい者スポーツの面白さを知ってもらうことです。2020年に開催されるはずであった東京パラリンピック大会が延期となったことで、今年も引き続き、パラリンピックの競技をより多くの人に応援してもらえるような活動を進めていきます。そこで、まずは学内、同好会内の活動の充実を図り、今より多くの知識・経験を得られる活動ができるように取り組んでいこうと考えています。そして、障がい者の普及のために、より多くの人に興味を持ってもらうにはどうすれば良いのかを考え、行動に移すことができるようにしていきたいです。
さらに、同好会には、一昨年度からゴールボールの選手として東京パラリンピック大会出場に向けて取り組んでいる学生も所属しています。昨年の日本選手権では、順天堂チームとして初めて予選を突破し、日本選手権への切符を獲得しました。今年度も、昨年に引き続き日本選手権の予選を目標に継続して練習を行っていきたいと思います。
昨年度は、新型コロナウイルス感染症の影響により、思うような活動ができず、少人数での活動や活動に参加する学生の固定化が見られました。そこで、今年度は新型コロナウイルス感染症への対策をしっかりと行いながら、組織としての意識を高められるような活動を行っていきたいと考えています。レクリエーションやイベントなどを企画し、同好会全体で楽しめる機会を増やすことで、少しでも多くの学生が活動に参加できるような工夫をしていきたいです。また、普段は忙しくてなかなか活動に参加できていない学生でも、気軽に活動に参加できるアットホームな雰囲気作りを目指し、学年での横のつながり・学年を越えた縦の繋がりを大切にする1年間にしたいと思います。