トップ > 教育 > 学びの特長

学びの特⻑

学びの特長

スポーツ健康科学を基盤として、人を支え、地域をつなぎ、社会を牽引する人材を育てます。

5つのポイント

    スポーツによる社会貢献を目指す
スポーツの効果と可能性を理解し、社会から還元が期待される教育や健康・体力づくりに適切なプログラム開発などの知見が身につく。

   医科学的知識・素養を身につける
医学部・病院と連携したスケールメリットを生かした医科学的知識と、スポーツパフォーマンスを正しく測定・分析できる力が身につく。

   トップアスリートを育成・サポートする
卒業後も優秀な競技者や指導者として活躍するための科学的なコーチング理論と最新のトレーニング方法に関する知識が身につく。

   「健康」について深く多面的に捉える
ダイバーシティを踏まえ、身体的・精神的・社会的な「健康」に関する知識や、人々の健康づくりと健康支援に必要な技能が身につく。

   スポーツ団体・産業界で国際的に活躍する
スポーツにおける経営資源(ヒト・モノ・カネ・情報)に関する知識と、国内外を問わない実践的なマネジメント能力が身につく。

4年間の学び

4年間のカリキュラムは「専門基礎科目」「専門展開科目」「専門科目」の3科目群で構成されています。
1~2年次にかけて土台となる基礎知識を修得し、3年次からは自ら選択した専門科目について、より専門性の高い知識と能力を身につけ、社会に貢献する力を養成します。

4年間の学び

学部長のごあいさつ

スポーツと健康をキーワードに、新しい時代を共創していく。
AI(人工知能)が台頭する新時代に、私たちに求められるスキルとは何でしょうか?スポーツ健康科学部は、「スポーツ」と「健康」をキーワードにそれぞれの専門を究め、思いやりの心を持って仲間と共創していくことを目指しています。これは、競技をしている、していないに関わらず、“スポーツを愛する人間”だからこそなし得るものだと考えています。大学の4年間で学生一人ひとりの潜在能力を引き出し、開花できるように、そして世界に通用する強みを見つけ、それを活かすことで社会において活躍できるように、私たちが全力でサポートします。スポーツと健康を科学し、新しい価値を創り出していくために何をすべきなのか、一緒に考えていきましょう。

吉村 雅文 教授

   スポーツ健康科学部
   学部長
   吉村 雅文 教授