トップ > 学科 > スポーツ科学科 > コーチング科学コース

コーチング科学コース

ピックアップ授業

実践で役立つ技術を体得

コース必修:テーピングおよびマッサージ実習

コーチング科学コース

何を学ぶ_科学科

スポーツによる疲労やスポーツ障害の回復に、正しいスポーツマッサージやテーピングの処方は必須です。この授業では、学生が2人1組となり、施術する側、施術される側の役割を体験しながら実践で役立つ知識と技術を習得します。

どう役立つ?_科学科

テーピング、マッサージ、ストレッチングの正しい知識と技術が身につきます。自分がケガをしたとき、あるいはトレーナーや教員として指導している選手がケガをしたときに的確な判断をし、正しい処方ができるようになります。

自己表現の仕方を学ぶ

選択必修:ダンス

コーチング科学コース_ダンス

何を学ぶ_科学科

保健体育科の教員としてダンスの授業をきちんと展開できるように、創作ダンス、フォークダンス、現代的なリズムダンスの指導方法を学びます。生徒にダンスの楽しさを伝えるためにはまず自らが自己表現できるようになることが大切です。

どう役立つ?_科学科

実際の教育現場で展開されているダンスの授業を体験することができるので、実践でそのまま生かせます。ダンス未経験者でも、楽しみながら指導方法を身につけることができ、テーマの意図を読み解く力や正しく評価する力も養われます。

柔道の技能を学び、強い精神を養う

選択必修:柔道

コーチング科学コース_柔道

何を学ぶ_科学科

授業を通して柔道の技能の向上を図るだけでなく、学校教育のなかで安全に柔道の授業を展開するための正しい知識と方法を徹底的に学びます。また、日本の伝統文化である武道としての考え方や礼法などの基本動作もしっかりと身につけます

どう役立つ?_科学科

柔道を実践していくことで、自己研鑽することや相手を敬い、ともに成長していく精神と態度が育ちます。また、柔道初心者でも1年後には講道館柔道初段を目指すことが可能であり、指導者としても柔道の授業を安全に展開する力が身につきます。