トップ > 学部紹介 > 助教 宮本 恵里

スポーツ遺伝学

〔研究領域〕
 スポーツ遺伝学、運動生化学 
〔研究領域のキーワード〕
 遺伝子、骨格筋、スポーツパフォーマンス、スポーツ外傷・障害
〔目標・方法・内容等〕
同じ環境で同じトレーニングを実施してもその効果には個人差が存在します。また、同じスポーツを行っていても、ケガとは無縁な人がいれば、同じケガを何度も繰り返してしまう人もいます。このような個人差には、様々な「遺伝子」が関わっていることが明らかとなりつつあります。スポーツ遺伝学研究室では、スポーツに関わる様々な個人差に対し、どのような遺伝子が、どのように関わっているのかを明らかにするため日々研究を進めています。

本ゼミナールでは、専門分野の論文抄読や実験実習を通して、スポーツ遺伝学分野の基礎知識の習得や研究手法の理解を目指します。その中で、学生一人一人が「スポーツと遺伝」に関わる興味ある研究テーマを見つけ、課題解決に取り組みます。