トップ > ニュース一覧 > 2022年度(令和4年度)さくらキャンパス啓心寮の運営について

2022.1.17 入試情報

2022年度(令和4年度)さくらキャンパス啓心寮の運営について

スポーツ健康科学部
受験生の皆さま
合格者の皆さま
 
令和3年12月23日にホームページに掲載の「2022 年度(令和 4 年度)の「啓心寮」運営方針の決定時期について」において、令和4年1月14日(金)に運営方針を決定し、1月17日(月)に周知させていただく旨を案内させていただいておりましたが、年末年始を含めた昨今の感染状況を踏まえた上で、「啓心寮」運営方針を下記の通り決定しましたのでお知らせします。
従来の啓心寮・男子寮での入寮形態は、ベッド(男子は2段ベッド)と机が配備された2人部屋4室がひとつのユニットとなり、部屋長を含めた16名の学生が、女子寮では2人部屋9室がひとつのユニットとなり、部屋長を含めた18名が共同生活を送ることになっています。 トイレやシャワー、洗い場などの生活に必要な施設・設備も共同利用することになっており、感染対策が取りづらい形態となっております。そこで、令和4年度も「3密」状態を可能な限り低減し、万が一、陽性者が発生した場合の感染拡大を最低限で留めることを目的に、2人部屋を1名で使用し、1年生の入寮可能人数を約300名とさせて頂きます。これにより陽性者が発生した場合の療養部屋を多数確保することも可能となりました。
しかし、この決定により、令和4年度のスポーツ健康科学部1年生入学定員600名のうち約300名が入寮できないことから、令和4年度からの入寮希望及びさくらキャンパスへの通学手段の調査を実施し、調査の結果、入寮希望者が300名を超過した場合は、抽選とさせていただきます。
なお、皆さまには、以下に示す様々な感染対策を責任もって行うことを入寮の条件としていますので、十分に確認をお願いします。入寮後、寮則や取り組みに従えなかった場合は退寮していただく場合があります。また、今後の感染の拡大によっては、皆さまの安全を考え、遠隔授業のみとなり、啓心寮の入寮が延期になる可能性があることをご承知願います。
 
【啓心寮内での主な感染対策】
・「新しい生活様式」の徹底(マスク、手洗い、ソーシャルディスタンス、清掃、消毒)
・健康管理の徹底(検温、健康チェック)
・共有スペースと物品などの使用制限
   大浴場 :使用禁止 (新型コロナウイルス感染症による社会状況等によって使用を検討します。)
   その他 :共有スペース・テレビ・洗い場・洗濯機・冷蔵庫・電子レンジなど
 
【その他、守っていただきたいこと】
・学則・寮則の遵守
・外出先および外出時間を条件下で制限
・学外におけるアルバイトの禁止
・新型コロナワクチン接種の推奨(ワクチン接種の有無は入寮の可否、抽選に影響しません)
 
スポーツ健康科学部 学部長 吉村雅文
さくらキャンパス 学生部長 廣瀬伸良

前のページに戻る