トップ > 学び > 翻訳学ゼミナール

翻訳学ゼミナール

指導教員 : 齊藤 美野

キーワード : 翻訳テクスト、翻訳者、異文化コミュニケーション

ゼミ内容

1.翻訳について知る
 研究対象とする「翻訳」とはどのようなもの・行為であるか、身の回りや異文化の翻訳を調べることから考えます。翻訳(者)の役割についても考え、研究対象について深い理解を得ることを目指します。

2.理論・研究方法を学ぶ
 翻訳研究の行い方を知るために翻訳学の基本文献を読み、理論と研究方法を学びます。翻訳テクストや翻訳者について分析する際に必要な考え方・手法を知り、自身の研究に活かしてもらいます。

3.研究する
 各受講生が興味のある対象を自ら選び、2で学んだ理論を用いて分析します。オリジナルの研究を行いましょう。例えば...英語の小説の日本語訳における訳出方法、翻訳者によるエッセイ/あとがきに示された翻訳態度、翻訳作品の書評にみる「良い翻訳」の定義...を考えるなど、おもしろい研究の可能性は多様にあります。
 
 ☆1〜3の全ては、自ら積極的に取り組まねばなりません。受講生による発表やディスカッションが授業の中心となるため、授業外の時間にも準備、研究、執筆を精力的に行ってもらいます。

卒業論文

翻訳に関し、各自が興味をもって取り組める事柄を見つけ出してください。翻訳学の考え方にもとづいて、分析・考察し、論文にまとめます。自身の考えを論理的に伝えられる文章を書く力も養いましょう。

学生に希望すること

翻訳に関する科目を履修すると、翻訳に多角的に迫る知識・態度を身につけることができ、各自の研究をより深めることができるはずです。
  • 順天堂大学
  • 順天堂大学医学部
  • 順天堂大学スポーツ健康科学部
  • 順天堂大学医療看護学部
  • 順天堂大学保健看護学部
  • 順天堂大学保健医療学部
  • 学校法人順天堂

TOP