トップ > 学び > グローバル社会を生き抜く 統計リテラシーゼミナール

グローバル社会を生き抜く 統計リテラシーゼミナール

指導教員 : 白山 芳久

キーワード : 手段としての統計、意思決定のための情報分析、疫学

ゼミ内容

研究職・教職志望者に限らず、将来の職業生活(企業・官庁)のあらゆる実務において統計リテラシーが求められます。
ゼミでは、『国際保健―感染症対策』のほか、人口・経済・健康・スポーツなどグローバル社会の様々なテーマの中から皆さんが自由に選んだテーマについて取り扱っていきます。
量的データを中心に情報を収集・分析し、分析結果を適切な表現で発表し、メンバー全員で議論するといった経験を繰り返し行っていくことで、統計リテラシーの向上を図ります。
 
ゼミの活動
①講義:統計リテラシー、統計の基礎を学びます。保健・医療の量的研究の場合には、疫学についても学ぶ必要があります。
 
②演習:量的データの分析の手法を学びます。パソコンでExcel®や統計専門ソフト使って、実際に自分で手を動かして体験的に量的データの分析方法を習得します。
 
量的データの山から宝探しのように見つけ出した有意義な結果に基づいて、回りを説得したり、議論をリードしたりする練習をゼミメンバーの持ち回りで行います。

卒業論文

テーマは自由としますが、量的データの分析結果(図や表)を中心しとした論証であることとします。

学生に希望すること

グローバル社会が抱えている様々な課題の解決の糸口が見つけ出せるかもしれません、一緒に頑張りましょう!
  • 順天堂大学
  • 順天堂大学医学部
  • 順天堂大学スポーツ健康科学部
  • 順天堂大学医療看護学部
  • 順天堂大学保健看護学部
  • 学校法人順天堂

TOP