トップ > 第34回「順天堂国際保健と開発勉強会」

NEWS

2015.10.31 Campus News 講演会

第34回「順天堂国際保健と開発勉強会」

【グローバル社会領域・グローバルヘルスサービス領域】

国際保健と開発勉強会

第34回「順天堂国際保健と開発勉強会」が「日本ヘルスプロモーション学会」との共催で順天堂本郷・お茶の水キャンパスのセンチュリータワーにて開催されました。今回は、乳幼児死亡や妊産婦死亡が東南アジアで未だに一番高いラオスの南部4県で広大な地域に点在する保健センターを対象にヘルスケア強化にご尽力された建野正毅医師 (前国立国際医療研究センター国際協力局課長)にお話を伺いました。
国際教養学部グローバルヘルスサービス領域からは島内憲夫特任教授や加藤洋一教授(医学研究科兼任)、グローバル社会領域からはこの勉強会の世話役を務める湯浅資之先任准教授(医学研究科兼任)らをはじめ、国際協力機構(JICA)や開発コンサルタントの方、大学院生らが多数参加する中、国際教養学部の1年生らも参加しました。
「順天堂国際保健と開発勉強会」は、国際協力やヘルスプロモーション/国際保健について関心のある方なら、どなたでも自由にご参加いただける勉強会です(参加無料)。

前のページに戻る

  • 順天堂大学
  • 順天堂大学医学部
  • 順天堂大学スポーツ健康科学部
  • 順天堂大学医療看護学部
  • 順天堂大学保健看護学部
  • 学校法人順天堂

TOP