トップ > 国際教養学部2年生の橋本瀬奈さんのインタビューが毎日新聞で取り上げられました

NEWS

2018.8.17 Campus News その他

国際教養学部2年生の橋本瀬奈さんのインタビューが毎日新聞で取り上げられました

「平和な世界のために先頭に立って発信していく」― 広島で被爆死した曽祖父を持つ橋本さんは、記事の中で被爆体験の継承へ決意を語っています。
詳細は以下の毎日新聞ウェブサイトをご覧ください。
また、橋本さんより本件に関して、コメントをいただきました。

橋本さんからのコメント
私が核廃絶へ向けて平和活動を続けていくことは、被爆国日本の者として、広島出身者として、そして被爆家族としての使命だと感じています。平和活動は私のアイデンティティです。
上京して、平和に関する関心の温度差にカルチャーショックを受けた事も多々あります。しかしそれもいい経験だと感じ、東京でも活動を続けています。
同じ日本人として、平和について関心を持ち、一緒に被爆者の声を聴く仲間を増やしていきたいと思っています。
是非、広島を一度訪れ、目や鼻、耳、肌で感じてみてください。案内します。

以下の写真は掲載記事にもございますが、橋本さんが高校生の時、人権や平和について学ぶ同校ヒューマンライツ部の部長として活動をされた際に撮影された写真です。

2016年5月、オバマ大統領が広島訪問の際、最初に握手した被爆者の坪井直さんとのツーショット

毎日新聞(橋本さん)①

2017年ノーベル平和賞を受賞したICAN日本支部代表の川﨑哲さんと核兵器廃絶ヒロシマの会代表の森瀧春子さんとのスリーショット

毎日新聞(橋本さん)②

前のページに戻る

  • 順天堂大学
  • 順天堂大学医学部
  • 順天堂大学スポーツ健康科学部
  • 順天堂大学医療看護学部
  • 順天堂大学保健看護学部
  • 学校法人順天堂

TOP