トップ > タイ王国マヒドン大学から国際教養学部に感謝状贈呈

NEWS

2018.10.1 Campus News その他

タイ王国マヒドン大学から国際教養学部に感謝状贈呈


7/19(木)、ASEAN健康開発研究所(ASEAN Institute for Health Development:AIHD)から、友好関係にある順天堂大学国際教養学部に対し感謝状が贈呈されました。AIHD は35年前、国際協力事業団(現JICA)の支援でタイ王国マヒドン大学のサラヤキャンパスに設立された研究所です。この度の感謝状は「長年にわたる良好な関係構築に尽力した」とのことで世界保健機関(WHO)等と共に、日本からはJICAと本学だけが贈呈され、贈呈式には木南英紀学部長の代理として筆者が出席致しました。
 
AIHDはアセアン諸国のみならず世界中の公衆衛生従事者に対する研修と公衆衛生学の研究を行う世界的な教育研究機関で、歴代のWHO事務総長やタイ王族が度々訪問されています。
AIHDでは日本人向けの国際保健(Global Health)の研修も行っており、医学部公衆衛生学講座の丸井英二前教授が30年以上にわたりこの研修を技術面から支援しております。今までに800名以上の日本人がこの研修を履修しており、国内外の第一線で活躍しています。現在は医学部から国際教養学部へと引き継ぎ、AIHDと共に『タイで学ぶグローバルヘルス夏季研修』を実施していることから、今回の感謝状贈呈となりました。

マヒドン大学感謝状①

感謝の盾

マヒドン大学感謝状②

受賞者一同(左から3人目がJICA代表、同じく5人目がWHO代表)

マヒドン大学感謝状③

AIHD職員と共に

前のページに戻る

  • 順天堂大学
  • 順天堂大学医学部
  • 順天堂大学スポーツ健康科学部
  • 順天堂大学医療看護学部
  • 順天堂大学保健看護学部
  • 学校法人順天堂

TOP