トップ > 学び > キャリアデザイン・ゼミナール

キャリアデザイン・ゼミナール

指導教員 : 平林 正樹

キーワード : キャリア、働くことの意味と実際、人材育成、企業経営

ゼミ内容

・グローバルなビジネス社会においては、今まで以上に「成果を生み出せる人材」が求められています。
・一方で、「良質な成果(アウトプット)」を生み出すためには、「良質で十分なインプット」と「思考し、選択し、勇気を出して一歩踏み出す行動力」が必要となります。
・このため当ゼミナールでは、大量のインプット(文献購読、企業訪問、社会人への聞き取りなど)に加え、多様な価値観に触れながら議論し合い、選択肢を考え、自らが決断し、行動するというスパイラルを回すことをとおして、グローバルな社会で通用するものの考え方とスキルの基礎を身につけることを目標とします。
・具体的には、以下の活動を予定しています。
 ①文献購読:ゼミ生の興味関心に応じて指定します。
 ②企業訪問:「日本で一番大切にしたい会社」
 ③ゼミ合宿:現地訪問、研究発表
 ④卒業論文作成

卒業論文

自ら課題を発見し、独創的な問いを立て、集めた情報を批判的に検討し、調査した結果をもとに結論を第三者に論理的に説明する力を養います。

学生に希望すること

  • 「大学における学び」の醍醐味は、ゼミナールにあります。
  • 生きることや働くこと、社会の動向や企業の行動に関心を持ち、知的好奇心を刺激し合える仲間たちと大いに学び、大いに笑い、知的興奮を味わうことに貪欲で、かつ自律的な皆さんが集まることを期待しています!