トップ > 学び > 充実の教員・講師陣

充実の教員・講師陣

加藤 洋一
学部長 / 教授
加藤 洋一
担当カリキュラム
グローバルヘルスサービス
研究分野・キーワード
分子循環器学,虚血性心疾患,血管平滑筋細胞の発生と分化,心肥大、動脈硬化
活動の紹介
世界保健機関(WHO)は、不健康な食事や運動不足、喫煙などの原因が共通しており、生活習慣の改善により予防可能な疾患をまとめて「非感染性疾患(NCD)」と位置付けています。心血管疾患、がん、糖尿病、慢性呼吸器疾患などが含まれます。
NCDによる死亡で割合が高いのは、「心血管疾患」(48%)で、次いで「がん」(21%)、「慢性呼吸病」(12%)と続き、心血管疾患による年間死亡数は1,700万人(2008年)から2,500万人(2030年)に増加すると予測されています。
“ Global NCD Lab ”では、心血管疾患の原因である動脈硬化の疫学とメカニズムに焦点を当て、医学部とも協力の上、その予防法の確立と啓蒙についての研究を行います。
↓カリキュラム区分検索ワード(半角カンマ区切り、かつ誤字のないこと)
グローバル
ヘルスサービス領域
島内 憲夫
学部長補佐 / 特任教授
島内 憲夫
担当カリキュラム
グローバル社会
研究分野・キーワード
健康科学、健康社会学、ヘルスプロモーション:健康・幸福・愛・夢
活動の紹介
私の専門は、ヘルスプロモーションです。ヘルスプロモーションとは、人々が自らの健康とその決定要因をコントロールし、改善することができるようにするプロセスです。(WHO:バンコク憲章、2005)授業は、学生の主体性を重視して、意見交換やディスカッションの時間を設け、双方向で実施する。到達目標は、4つです。1)地球サイズのものの見方を身に着けることができる。2)一生涯にわたっての健康づくりの方法を理解し、実践できる。3)生活の場の意味を理解し、健康な生活の場づくりに取り組むことができる。4)リスクファクター(危険因子)のみならず、ハッピネスファクター(幸福因子)を重視し、健康の社会的決定要因を明らかにすることができる。
私は、「夢はあなたの明日を創る!」を信条としています。
↓カリキュラム区分検索ワード(半角カンマ区切り、かつ誤字のないこと)
グローバル
社会領域
川喜多 喬
特任教授
川喜多 喬
担当カリキュラム
キャリア教育
研究分野・キーワード
職業と人生(社会変動と経営戦略、社会や経営が求める人材像、人材育成とキャリア開発、個人のキャリア設計と職業選択、職業人としての生き方・考え方)
活動の紹介
グローバル化は、一面、良好な就業機会を求めて、世界中の人々が争うという厳しい社会を生み出しています。その中で学生諸君が、将来、自分の興味にあうとともに、比較的良好な条件の職業につき、理想にあう人生を選択できるよう、職業と人生を共に考えて生きたい。まず民間企業を中心にして、社会が求めている人材を学びます。また組織がどのようにそのような人を選び、育てているかを学び、それとできるだけ自分の興味や理想をあわせるための、キャリアデザインの必要性と技法を教わります。
↓カリキュラム区分検索ワード(半角カンマ区切り、かつ誤字のないこと)
教職・キャリア
共通科目
masakihirabayashi
特任教授
平林 正樹
担当カリキュラム
キャリア教育
研究分野・キーワード
キャリアデザイン学、人的資源管理論、経営学
活動の紹介
私の専門はキャリアデザイン学で、特に最近は、「アジアに進出した中小製造企業における海外派遣者のキャリア形成」について研究しています。
特に自らの価値観や大切にしたいことである「内的キャリア」と呼ばれているものに焦点を当て、グローバルな時代に自らのキャリアを切り拓いていくためにはどのように考え、行動すべきかを共に考えていきます。
また、働くことの意味と実際、企業のものの考え方や行動、求める人物像や採用活動などについて、深く掘り下げていきます。
↓カリキュラム区分検索ワード(半角カンマ区切り、かつ誤字のないこと)
教職・キャリア
共通科目
小野田 榮
教授
小野田 榮
担当カリキュラム
教職課程/外国語(英語)
研究分野・キーワード
応用言語学、英語教育、英語教員養成、教育心理学
活動の紹介
英語学習者の言語スキルにおける自己効力感と自己調整力の向上に関する研究に関心を持っています。また、話し言葉の流暢さを高める指導法の研究をしてきました。さらに、高い英語力があり、教育に対する情熱を持った英語教師を育てることに力を注いできました。
順天堂大学では現在、学生のcritical thinking skills, intercultural communication skills, そしてacademic speaking skills および academic writing skills の向上を目指したInteractive International Englishを指導しています。将来的には自分の専門であるMedia Englishの指導やや英語教員の養成に力を注ぎたいと思います。
↓カリキュラム区分検索ワード(半角カンマ区切り、かつ誤字のないこと)
教職・キャリア
共通科目,外国語
Joseph Shaules
教授
Joseph SHAULES
担当カリキュラム
外国語(英語)/異文化コミュニケーション
研究分野・キーワード
外国語教育、異文化コミュニケーション
活動の紹介
認知やアイデンティティは言語と文化に深く結びついている。昨今の研究では、生まれ育った環境での言語的、または文化的パターンが我々人間の認知を“構築している”ことがわかってきている。だからこそ、外国語を習得するのは簡単ではない。また、海外で受けるカルチャーショックに関しても多いに説明がつく。私の研究と教育活動では、こうした異文化適応の過程や深層文化のあり方、語学学習と文化の繋がりに焦点をおいている。より深い学びができる教材の開発にも努めている。語学学習と異文化体験は人間としての成長でもあると確信している。
↓カリキュラム区分検索ワード(半角カンマ区切り、かつ誤字のないこと)
外国語,異文化コミュニケーション領域
田村 好史
教授
田村 好史
担当カリキュラム
グローバルヘルスサービス
研究分野・キーワード
糖尿病、メタボリックシンドローム、スポーツ医学、運動生理学、栄養学
活動の紹介
肥満とそれに関連した生活習慣病は全世界で急速に増加しています。そのため、患者のQOLを上げ、医療コストを下げるためには、それらの疾患に対する予防プログラムが必要です。しかしながら、そのような予防プログラムは完全には確立していません。”Health Care Lab”では医学部、スポーツ健康科学部と協力して、未来のヘルスケアシステムを発展させるために、生活習慣病に関する研究を行います。研究プロジェクトとして、病態生理学、疫学、デバイスの開発を予定しています。
↓カリキュラム区分検索ワード(半角カンマ区切り、かつ誤字のないこと)
グローバル
ヘルスサービス領域
Francois Niyonsaba
教授
François NIYONSABA
担当カリキュラム
グローバルヘルスサービス
研究分野・キーワード
感染症、免疫、細胞生物学
活動の紹介
アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患の機序と、感染防御における抗菌物質の役割に着目し、皮膚免疫に関する研究をしています。講義としては、生きている仕組み、病気の仕組み、生命現象の科学等を担当しています。「感染防御のトランスレーショナルリサーチ」ゼミでは、皮膚の感染防御免疫の役割を検討しています。ゼミメンバーが、健常な皮膚と病的な皮膚における新規創薬ターゲットとしての抗菌物質の役割に関する論文を検索し、討論を行っています。また、様々な製薬会社やヘルスケア関連企業を訪問し、現場での情報に基づいて、卒業論文を著述します。このゼミで取得した知識は、グローバルヘルスについての理解を深めるのに役立っています。
↓カリキュラム区分検索ワード(半角カンマ区切り、かつ誤字のないこと)
グローバル
ヘルスサービス領域
湯浅 資之
教授
湯浅 資之
担当カリキュラム
グローバル社会
研究分野・キーワード
国際保健、国際協力、開発途上国支援、母と子どもの健康、高齢者対策
活動の紹介
現代社会には、国境を越えて対処しなければならない気候変動や感染症流行などの健康問題と、貧困者や少数民族、障害者等の開発や社会から排除された人々の健康課題が山積しています。世界の全ての人々が健康で幸せに生きられるために、最近はタイ、ミャンマー、ボリビア等で健康に関する調査やプロジェクトを展開しています。
講義では「グローバル社会の健康」「地域社会の健康」「健康社会を築いた日本の歩み」を担当します。ゼミでは、将来、国際社会で活躍できる人材となるために必要な知識や技術についての理解を深めます。
↓カリキュラム区分検索ワード(半角カンマ区切り、かつ誤字のないこと)
グローバル
社会領域
tamamura
先任准教授
玉村 健志
担当カリキュラム
グローバル社会
研究分野・キーワード
国際政治学・国際関係論、国際機構論、国際政治外交史、紛争解決
活動の紹介
国際政治学/国際関係論、その中でも国連などの国際機構を専門としており、冷戦期のアフリカにおける国連PKOの研究をしています。
国際政治学・国際関係論は、戦争や平和の問題を考える学問として出発しましたが、今では経済、環境、開発、人権、文化など、様々な分野における国際的問題にまで裾野を広げてきました。授業やゼミでは、現代世界におけるグローバルな課題について考えつつ、その解決において国際機構が果たす役割についても検討していきます。
↓カリキュラム区分検索ワード(半角カンマ区切り、かつ誤字のないこと)
グローバル
社会領域
Marcel-Van-Amelsvoort
先任准教授
Marcel VAN AMELSVOORT
担当カリキュラム
外国語(英語)
研究分野・キーワード
Instructional design, educational technology
活動の紹介
新たな言語を学ぶということは、時間や努力を必要としますが、充実した楽しい旅を続けるようでもあります。
本学部(FILA)における英語の授業は少人数制ですので、クラスメートや教員と密にやり取りを交わすことになります。効率良く学ぶことができるだけでなく、楽しめる授業です。
また、カウンセリングや個別指導を行うことによって、それぞれ自分にあった勉強の仕方が見つけられるようサポートします。
 英語のクラスや言語学習センターでは、英語の勉強を深めていくのに必要な様々な勉強の機会や教材を用意しています。現時点での英語のレベルや目標としているレベルとは関係なく、確実に能力アップにつなげていきます。
↓カリキュラム区分検索ワード(半角カンマ区切り、かつ誤字のないこと)
外国語
逸見ヴィアートクロエ
准教授
Chloé VIATTE
担当カリキュラム
外国語(フランス語)
研究分野・キーワード
第二外国語教育(フランス語)、文学翻訳・字幕、パフォーマンスの外国語
活動の紹介
第一外国語と文化の知識だけでは母語や自文化に関わる民族中心主義をなかなかのりこえない。しかし、複数の外国語を学ぶなら、それを克服しやすくなる。第二外国語を覚えると、それまでは白黒だった世界が鮮やかな意味のニュアンスで染まり彩られ、それによって豊かなアイデンティティを作ることができる。教室では異文化体験としてのフランス語学習を通して、新しい考える力・表現力を身につけていく教育を目指す。ヒューマニズムとしての言語学習は認知・文化・感や表現を強く結びつく。私は教室外でも日本伝統芸能の演者として、グローバルな世界にその日本文化を発信している。
↓カリキュラム区分検索ワード(半角カンマ区切り、かつ誤字のないこと)
外国語
道谷 里英
准教授
道谷 里英
担当カリキュラム
キャリア教育/基礎科目
研究分野・キーワード
キャリアの心理学、組織におけるキャリアやメンタルヘルスに関するカウンセリング
活動の紹介
不安定な仕事の増加や雇用の流動化は、組織と個人の関係に変化をもたらしています。これまでは、属する組織にキャリア形成を委ねてきましたが、これからは一人ひとりが自らのキャリア形成に責任を持つ必要があります。つまり、キャリアを構築し、変化に対処するための術を身に付けることが重要です。そこで、現在はキャリアカウンセラーの教育や組織内の相談業務、学校から社会への移行支援に関する研究を行っています。
本学での講義では、カウンセリング心理学の基礎を学ぶ「心の理解とカウンセリング」、組織における人間関係を学ぶ「人間関係論」、ならびにキャリア関連科目を担当します。
↓カリキュラム区分検索ワード(半角カンマ区切り、かつ誤字のないこと)
教職・キャリア
共通科目
吉野 康子
准教授
吉野 康子
担当カリキュラム
外国語(英語)/教職課程(教科に関する科目)
研究分野・キーワード
英語教育、教科教育法、教師教育、教員採用試験、検定教科書
活動の紹介
私は英語教育に対して2つの指針をもって取り組んでいます。1つは、英語の丸暗記や使える英語だけでなく、日英発想法の違い、文法・語法の深さにも触れ、言語や文化に対する興味を深めるように努めています。英語教員をめざす人には、特に、生徒の「なぜ?」という疑問に答える重要性を伝えます。もう1つは、多言語・多文化社会が進む今日において、異なる立場や文化、価値観の人も大切にする態度を育て、言葉を通して相手と理解し合う大切さを重視しています。1、2年生の英語の授業では、異文化理解の内容重視の協同学習を通して、自信をもって英語で発信できる力を磨いていきます。
↓カリキュラム区分検索ワード(半角カンマ区切り、かつ誤字のないこと)
教職・キャリア
共通科目,外国語
shirakawa masaki
特任准教授
白川 正樹
担当カリキュラム
教職課程
研究分野・キーワード
学校評価、学校改善支援、教育の質保証、学校経営、高校教育
活動の紹介
教育の質の保証・向上という観点から、学校評価と学校改善支援に着目しています。学校が自律的、継続的に教育活動と学校運営の状況を改善していくためには、学校評価の充実と評価結果に基づいた外部からの支援体制の確立が必要です。そこで、第三者評価の活用も視野に入れながら、学校の自律的な教育の質の保証・向上に資する学校評価および外部支援に係る組織・機能・手法を明らかにするための研究を行っています。
担当している教職課程の授業では、理論と実践の融合を意識した学びを通して、実践的指導力のある英語教員を養成していきます。
↓カリキュラム区分検索ワード(半角カンマ区切り、かつ誤字のないこと)
教職・キャリア
共通科目
吉武先生
准教授
吉武 尚美
担当カリキュラム
教職課程
研究分野・キーワード
発達心理学,健康心理学,臨床心理学
活動の紹介
 現在は精神的健康をテーマにした2つの研究を行っています。対人関係の影響と意識的な行動の効果についてです。これまでに,配偶者と不仲でも子どもとの関係が良好なら抑うつ得点は低いといった,『子はかすがい』現象を確認しました。対象を広げた研究を進めています。また,発達障害の対人関係の研究も始めています。一方で,大学生の心理的不適応の一次予防として,筆記表現法をベースにしたプログラム開発と効果研究を行っています。
 授業は教職科目である教育心理学を担当しています。
↓カリキュラム区分検索ワード(半角カンマ区切り、かつ誤字のないこと)
教職・キャリア
共通科目
ohtsuki shigemi
講師
大槻 茂実
担当カリキュラム
グローバル社会
研究分野・キーワード
社会学(多文化共生,社会階層,都市・地域社会,社会調査法)
活動の紹介
深刻な少子高齢化を迎えつつある日本社会では、多様性こそがキーワードです。外国にルーツをもつ人々との共生は、多様性の最たる例といえるでしょう。私の専門は社会学です。不平等と多様性を検討しています。具体的には、社会調査を通して、多文化共生、ジェンダー、社会階層、都市/地域社会といった点からグローバル社会の不平等を検討し、そうした不平等を踏まえた上での多様性の可能性を追究しています。特に、実学としての社会学・社会調査法の可能性を重視しています。学生のみなさん、社会学・社会調査法の観点から現代社会を一緒にみていきましょう。
↓カリキュラム区分検索ワード(半角カンマ区切り、かつ誤字のないこと)
グローバル
社会領域
大野 直子
講師
大野 直子
担当カリキュラム
異文化コミュニケーション
研究分野・キーワード
医療コミュニケーション、医療通訳
活動の紹介
医療コミュニケーション学とは、医療分野におけるコミュニケーションを対象とした学問分野です。医療専門家による人々への医療関連情報の提供、患者などによるメディアによる情報発信、情報交流、マスコミなどによる国民への医療関連情報伝達などを研究・教育の対象としています。授業では、主に医療の場でのコミュニケーションや、医療通訳について学びます。ゼミは発表担当者による発表、クラス内での議論を中心とします。国内外の医療制度を学び、海外の文献を読む中で、異文化理解や効果的なコミュニケーションについて一緒に考えましょう。
↓カリキュラム区分検索ワード(半角カンマ区切り、かつ誤字のないこと)
異文化コミュニケーション領域
今井 純子
助教
今井 純子
担当カリキュラム
外国語(英語)
研究分野・キーワード
英語教育、外国語教育、第二言語教授法、第二言語習得理論、多文化教育
活動の紹介
第二言語を使っての作文能力習得における個別セッションの有効性と意義を、量・質の両観点から研究しています。また、教材開発、ニーズ分析、カリキュラム開発、評価法の視点から本学科の英語プログラムの運営に携わっています。これまで、モントリオール、トロント、ハワイの多文化社会、ニューヨークの在外教育機関、カナダの先住民健康識字プログラム、日本とカナダのろう学校、小笠原諸島、本邦日系社会等をフィールドに教育・研究活動を行ってきました。これらの経験を踏まえ、1・2年次英語では、海外だけでなく、身近に起こっている現象を題材に、小グループでのディスカッションを通して、総合的英語力とグローバル社会に対する視野を広め深めます。
↓カリキュラム区分検索ワード(半角カンマ区切り、かつ誤字のないこと)
外国語
岡部 大祐
助教
岡部 大祐
担当カリキュラム
異文化コミュニケーション/教職課程(教科に関する科目)
研究分野・キーワード
(ヘルス/異文化間)コミュニケーション論、談話社会心理学、社会言語学、質的研究法
活動の紹介
私の研究関心はヘルスコミュニケーションで、より具体的にはがんとコミュニケーションです。近年、社会関係が健康に影響するという研究報告がされています。そして、社会関係はコミュニケーションの産物と言えます。ですが、健康とコミュニケーションの関係を考えるにあたり、私たちは日常の「コミュニケーション」について、どのくらいわかっているのでしょうか。
 
講義では、「対人・組織コミュニケーション」「異文化コミュニケーション概論」等を担当します。授業・ゼミのモットーは「半径3.5mから世界を変える」。この精神に基づき、さまざまなコミュニケーションを丁寧に分析していきます。
↓カリキュラム区分検索ワード(半角カンマ区切り、かつ誤字のないこと)
教職・キャリア
共通科目,異文化コミュニケーション領域
kobashi saori
助教
小橋 さおり
担当カリキュラム
外国語(スペイン語)
研究分野・キーワード
言語学、第二言語習得、スペイン語教授法、日西対照研究
活動の紹介
言語と文化は切り離すことができません。授業では、スペイン語圏の文化に触れながら、語学4技能(聞く、話す、読む、書く)をバランスよく伸展することに加えて、実際のコミュニケ-ションに必要となる能力、例えば、非言語的な要素を感じ取り相手に不快感を与えずに意思疎通を行う能力や、自分と違う価値観を持っている相手と互いに理解しあう能力などを伸ばすことも目標にしています。
研究に関しては、スペイン語を深く理解すること、外国語を習得するプロセス、また、スペイン語の言語システムを日本語母語話者に分かりやすく説明する方法に興味があります。
↓カリキュラム区分検索ワード(半角カンマ区切り、かつ誤字のないこと)
外国語
齊藤 美野
助教
齊藤 美野
担当カリキュラム
異文化コミュニケーション/教職課程(教科に関する科目)
研究分野・キーワード
文学翻訳、明治期の翻訳、翻訳と国語の創出、異文化コミュニケーションとしての翻訳
活動の紹介
異なる文化に属する人たちがコミュニケーションを行う際に、翻訳は各人を繋ぐ役割を担います。担当する翻訳学ゼミナールでは、翻訳を異文化コミュニケーションの一つの現れと捉え、多角的に研究します。身の回りや異文化の翻訳テクスト・翻訳者を調べ、翻訳学の基本文献から分析に必要な考え方・手法を学び、各受講生はオリジナルの研究を行い、卒業論文を執筆します。社会における翻訳の役割や、翻訳が言語・文化に与える影響、異文化コミュニケーターとしての翻訳者などについて深く考えることを通じて、言語による異文化コミュニケーションを行う力も培われることが期待されます。
↓カリキュラム区分検索ワード(半角カンマ区切り、かつ誤字のないこと)
教職・キャリア
共通科目,異文化コミュニケーション領域
白山 芳久
助教
白山 芳久
担当カリキュラム
グローバル社会
研究分野・キーワード
衛生学・公衆衛生学、国際保健、疫学・統計
活動の紹介
人口レベルで人々の健康を増進するため、保健医療サービスの評価・モニタリング、保健システム、外交政策研究をグローバルに展開しています。科学研究費事業ではタイ、ラオス、ミャンマー等の東南アジア地域を中心に研究活動を継続しています。順天堂大学がJICAから委託を受け実施している南米ボリビアでの保健システム強化プロジェクトでは、現地を定期的に訪問し技術協力を行っています。
講義としては、マラリア等のグローバル感染症の対策、日本における保健医療の経験等の科目を担当しています。ゼミでは、量的データの収集・分析の能力を演習型で身につける統計リテラシーゼミを担当しています。
↓カリキュラム区分検索ワード(半角カンマ区切り、かつ誤字のないこと)
グローバル
社会領域
suzukiminako
助教
鈴木 美奈子
担当カリキュラム
グローバルヘルスサービス
研究分野・キーワード
ヘルスプロモーション、健康社会学、ヘルスリテラシー、健康の決定要因(SDH)、幸福度
活動の紹介
私の研究領域はヘルスプロモーション・健康社会学です。
ヘルスプロモーションとは「人々が自らの健康とその決定要因をコントロールし、改善することができるようにするプロセス」です。(WHOバンコク憲章2005)
授業では、疾病の治療や予防ではなく、人々がより幸せで活力ある生活を送るための(QOLやwell-being)支援や活動について学びます。
人々の健康観(健康の定義)を大切に、危険因子(リスクファクター)のみならず、ポジティブヘルスの視点から、幸福因子(ハピネスファクター)にも焦点をあて、健康の決定要因について追及しています。
↓カリキュラム区分検索ワード(半角カンマ区切り、かつ誤字のないこと)
グローバル
ヘルスサービス領域
野村佑子
助教
野村 佑子
担当カリキュラム
外国語(英語)
研究分野・キーワード
言語学・社会言語学(日英比較対照研究)
活動の紹介
社会言語学的観点から日英談話比較対照研究を行っています。多くの日本語話者にとって英語で話すことが容易ではない理由は、英語を話すときに求められることが日本語を話すときとは異なるからであることが分かってきています。その異なりを意識しない限り、日本語話者は英語を上手に話せるようにはなりません。異なりは、両言語の比較対照によって浮き彫りになります。本学部の学生には、日本語と英語を対照させながら両言語の違いを自覚したうえで、日本語で考えたことを英語でわかりやすく伝えるために、どのような言い方で表すのが効果的なのか熟考を重ねることを求めています。
↓カリキュラム区分検索ワード(半角カンマ区切り、かつ誤字のないこと)
外国語
神崎 百世
教育講師
神崎 百世
担当カリキュラム
外国語(英語)
研究分野・キーワード
スピーチコミュニケーション、日本人仕様の英語
活動の紹介
外国語が使えるだけでは国際人とは言えません。まずは自国を知り、それを一つの基盤・目盛りにして外国語、文化に触れること。それをしっかり持つことで、異文化への理解も深まるからです。語学はその一つです。まずは基本を「守る」。次に応用力を身に付けてそれを「破る」。更なる発展をめざしてそこから「離れる」。日本は中国や西洋諸国に助けられて発展を遂げ、既に基本を離れ晴れ舞台にいます。英語使用者も日本人ならではの特徴を認め、世界を舞台に堂々と英語を使ってほしいです。もし迷うことがあればまた基本、「守」に戻ればよいのですから。
↓カリキュラム区分検索ワード(半角カンマ区切り、かつ誤字のないこと)
外国語
松本 恵美子
教育講師
松本 恵美子
担当カリキュラム
外国語(英語)
研究分野・キーワード
英語教授法、言語テスティング、TOEFL iBT, TOEFL ITP, TOEIC, IELTS, 英検等の資格試験対策、大学生用TOEIC教科書、一般書の執筆
活動の紹介
大学用TOEIC教科書の執筆、監修。主な著書は「TOEIC®TESTリスニングスピードマスターNEW EDITION」(Jリサーチ出版)など31冊。(2018年6月現在)現役の医師から大学新入生まで様々な目標点をもつ人々を対象にTOEFLを指導し、学習者が次々と目標スコア(iBT100点以上、ITP(PBT)600点以上)を達成するのを目の当たりにしてまいりました。TOEFL指導のために大切なのは、指導者自身がTOEFL試験を熟知し、受験者それぞれの特性を見極めたうえで、あと何点上げるのには何をすべきかを、授業内で的確にアドバイスすることです。TOEFLは愛すべき、素晴らしい試験であります。本学部においてもTOEFL指導の土台を築くべく、尽力してまいります。
↓カリキュラム区分検索ワード(半角カンマ区切り、かつ誤字のないこと)
外国語
プロミニッツ林ララ
教育講師
Lara PROMNITZ-HAYASHI
担当カリキュラム
外国語(英語)
研究分野・キーワード
CALL, Code-switching, Bilingualism, Popular Culture, Australian English
活動の紹介
言語を学び、異文化について学ぶことは、世界について学び、自分のアイデンティティを開発する素晴らしい方法です。 順天堂の英語クラスでは自分の文化を理解し、他の文化の知識を身につけながら、自分の文化について考えることができます。 また当大学の英語クラスは小人数制のため積極的に参加でき、より自律した学習が可能です。さらに批判的思考スキルを身につけ、生涯にわたる友情を築き、自信も得ることができます。 私は外国語を学ぶことは享受できるものでなければならないと信じ、クラスを可能な限り楽しくしようと心がけています。
↓カリキュラム区分検索ワード(半角カンマ区切り、かつ誤字のないこと)
外国語
Richard O'Loughlin
教育講師
Richard O’LOUGHLIN
担当カリキュラム
外国語(英語)
研究分野・キーワード
英語教育
活動の紹介
言語を習得することは困難ですが、最終的にはとても有益なプロセスです。理論と研究に基づいた学習の原理を授業内で注意深く適用し、学生を支援することは教員としての私の使命です。本学部において学生は友好的で協力的な雰囲気の中で学習に取り組んでおり、その過程では彼らをサポートする幅広い学習機会が提供されています。
↓カリキュラム区分検索ワード(半角カンマ区切り、かつ誤字のないこと)
外国語