大学紹介、カリキュラム、キャンパスライフ、入試情報等、順天堂大学医学部に関する様々な情報をご案内します。

受験生の皆様へ在学生の皆様へ卒業生の皆様へ一般の皆様へ医療関係の皆様へ
講座・研究室
医学部紹介入学案内教育カリキュラムキャンパスライフ講座・研究室交通アクセスお問い合わせ
講座・研究室

解剖学・生体構造科学講座

解剖学・生体構造科学講座の医学教育について

 当講座は、坂井建雄教授をはじめとする6名の教員と3名の職員で運営されています。
 医学の学習は、人体の構造を学ぶ解剖学が基礎となって広がっていきます。人体解剖は、人体の構造を3次元的に学ぶだけでなく、人体の構造がもつ意味を統合的に学びます。人体のさまざまな機能を支える構造として、個体発生と系統発生により形作られた構造として、そしてこの世に一つとして同じもののない個性的な構造として、人体の構造の持つありとあらゆる意味を、人体の解剖を通して学んでいきます。
 当講座は、解剖学の授業を担当し、人体解剖実習の運営と指導を行うとともに、人体解剖に関わる献体の運動、さまざまな式典、遺体引取、保存処置などの業務を行っています。

講義

 医学部2年生(M2)からZone制と呼ばれる臓器別の講義が行われ、解剖学の講義と実習はZoneから独立して行われます。

解剖学の講義と実習

 人体解剖の授業は、2年生(M2)の4月から7月まで行われます。人体解剖実習が43回(午後2コマで1回)で、解剖学教室の全員が担当し、4パートに分けて行います。講義は24回を、実習に並行して行います。
1)頸部・上肢:実習11回、講義7回
解剖実習序論坂井建雄
頸部の解剖学市村浩一郎
末梢神経系総論長瀬美樹
上肢の解剖学1坂井建雄
上肢の解剖学2坂井建雄
解剖学の用語澤井直
運動器総論坂井建雄
2)胸部・腹部: 実習12回、講義8回
胸腹壁・背部の解剖学市村浩一郎
胸部内臓の解剖長瀬美樹
心臓と大血管の解剖市村浩一郎
自律神経の解剖栗原秀剛
解剖学と医学の歴史坂井建雄
腹部内臓の解剖長瀬美樹
腹部消化器の解剖と発生坂井建雄
泌尿生殖器の解剖と発生坂井建雄
3) 下肢・骨盤: 実習11回、講義4回
下肢の解剖学1工藤宏幸
下肢の解剖学2工藤宏幸
骨盤壁の解剖学工藤宏幸
骨盤内臓の解剖学工藤宏幸
4)頭部:実習9回、講義5回
頭頸部の解剖学1栗原秀剛
頭頸部の解剖学2栗原秀剛
頭頸部の解剖学3栗原秀剛
鰓弓器官坂井建雄
耳鼻科領域の臨床解剖学芳川洋/耳鼻咽喉科
 解剖学の試験については、第1・2パートを解剖学Unit 1Aとし、第3・4パートを解剖学Unit 1Bとして、分けて実施します。解剖学Unit 1Aについては、中間試験を行います。
 解剖学に関連する行事として、白梅会総会(5月下旬)と系統解剖遺骨返還式があり、M2学生は全員が出席し、献体および解剖の意味を深く学ぶ機会を得ます。

骨学の講義と実習

 1年生(M1)の2月の骨学の講義と実習も当講座が担当します。実習は教員全員が担当します。
テーマは以下のとおりです。
・全身の骨格、体幹
・上肢
・下肢と骨盤
・頭部

Zone B、Cの講義

2年生のZone B、Cにおいて、当講座は人体のあらゆる器官の構造に関わる分野の講義を行っています。
Zone B
発生−1:初期発生1工藤宏幸
発生−2:初期発生2工藤宏幸
発生−3:初期発生3栗原秀剛
発生−6:運動器発生市村浩一郎
発生−7:循環器形成長瀬美樹
発生−8:消化呼吸器発生工藤宏幸
発生−9:泌尿生殖器発生市村浩一郎
Zone C
循環:循環器と心臓坂井建雄
循環:臓器循環坂井建雄
泌尿:腎構造機能坂井建雄
泌尿:高血圧と腎坂井建雄
その他の教育
・基礎ゼミナール
 当講座は、M3の基礎ゼミナールを担当しています。
 10月〜11月の5週間にわたり、肉眼解剖学研究、解剖史研究、組織細胞形態学研究と研究発表の指導を行っています。(詳細は基礎系教室研究紹介冊子をご参照ください。)
解剖学・生体構造科学講座の研究内容についての詳細は、大学院医学研究科の当科のページをご参照ください。
http://www.juntendo.ac.jp/graduate/laboratory/labo/kaibou_seitaikouzo/index.html