大学紹介、カリキュラム、キャンパスライフ、入試情報等、順天堂大学医学部に関する様々な情報をご案内します。

受験生の皆様へ在学生の皆様へ卒業生の皆様へ一般の皆様へ医療関係の皆様へ
講座・研究室
医学部紹介入学案内教育カリキュラムキャンパスライフ講座・研究室交通アクセスお問い合わせ
講座・研究室

神経生物学・形態学講座

神経生物学・形態学講座の医学部教育

 当講座は医学部1年生(M1)と2年生(M2)の組織学・神経解剖学・発生学の講義と実習、3年生の基礎ゼミナールを担当します。小池がM1組織細胞生物学、M2 ZoneA全般、ZoneB発生学の責任者をつとめております。
 1年生では、基礎医学入門の組織細胞生物学で細胞生物学と組織学総論(四大組織)、2年生では、ZoneAで組織学各論を学習し、細胞・組織レベルから見た人体の構造と機能について学習します。講義と併せてヒトの臓器の顕微鏡標本や電子顕微鏡写真を観察する実習を行います。組織学の講義実習に引き続き中枢神経系の構造と機能を学びます。ZoneBでは発生学の講義の一部を担当します。
 学生には講義あたり数問の記述プール問題(組織学・脳解剖学)をあらかじめ発表し、これを自己学習(予習・復習)、講義のプレテスト・ポストテストに利用しております。今後これをさらに充実させ、e-learning用のコンテンツを整備する予定です。

【記述プール問題】
 最新の記述プール問題は以下よりダウンロードできます。

H29年度M1、M2の講義内容

H29年度医学部1年生(M1)
組織細胞生物学細胞の構造-1
細胞の構造-2
細胞内区画と細胞内輸送-1
細胞内区画と細胞内輸送-2
上皮組織
細胞外マトリックス
結合組織
血球の種類と役割
骨髄と造血
骨と軟骨
骨の発生とリモデリング
細胞接着・細胞の極性
筋組織
神経組織-1
神経組織-2
細胞死
小池正人
小池正人
谷田以誠
谷田以誠
小池正人
小池正人
小池正人
横田睦美
横田睦美
高野吉郎
高野吉郎
谷田以誠
曽高友深
小池正人
小池正人
小池正人
H29年度医学部2年生(M2)
Zone A
組織学各論血管系の組織学
免疫学の基礎
一次リンパ組織
二次リンパ組織
粘膜・腺組織
口腔の組織学
歯の組織学
食道・胃の組織学
腸管の組織学
肝胆膵の組織学
呼吸器系の組織学
泌尿器系の組織学
内分泌系の組織学-1
内分泌系の組織学-2
内分泌系の組織学-3
組織における減数分裂
男性生殖器の組織学
女性生殖器の組織学
受精・胎盤の解剖学
曽高友深
三宅幸子(免疫学)
小池正人
小池正人
小池正人
高野吉郎
高野吉郎
谷田以誠
横田睦美
谷田以誠
砂堀毅彦
小池正人
小池正人
小池正人
小池正人
小池正人
小池正人
小池正人
小池正人
脳解剖学 神経系の構成
神経組織学・シナプス
皮膚の組織学
感覚受容器の組織学
視覚器の組織学-1
視覚器の組織学-2
聴覚器の組織学
中枢神経系の外観
脳の血管系・髄膜・脳脊髄液
脳の発生・再生・変性
《双方向型授業》脳の肉眼解剖学まとめ
神経系の発生
脊髄
脳神経
延髄

中脳
《双方向型授業》脳幹・脳神経のまとめ
小脳
視床・大脳基底核
大脳皮質
《双方向型授業》感覚路のまとめ
《双方向型授業》運動路のまとめ
視床下部・視床上部
自律神経系
大脳辺縁系
MRIを用いたマクロ脳解剖 I
MRIを用いたマクロ脳解剖 II
化学的神経解剖学
《双方向型授業》主要な伝導路のまとめ
小池正人
小池正人
小池正人
小池正人
小池正人
小池正人
小池正人
小池正人
小池正人
小池正人
小池正人
小池正人
小池正人
小池正人
小池正人
小池正人
小池正人
小池正人
小池正人
小池正人
小池正人
小池正人
小池正人
小池正人
小池正人
小池正人
青木茂樹(放射線診断学)
青木茂樹(放射線診断学)
小池正人
小池正人
Zone B
発生学(当講座の講義のみ)
神経管形成・神経堤
胎児の発育、胎盤
神経系の発生
顎顔面・頭頸部の発生
感覚器の発生
人体の発生と異常

砂堀毅彦
横田睦美
砂堀毅彦
高野吉郎
小池正人
小池正人
実習
医学部1、2年生−「組織細胞生物学/Zone A組織学実習」
 正常な人体のいろいろな組織や器官の構造を光学顕微鏡レベルで学ぶことを目的としています。組織標本を顕微鏡により丁寧に観察してスケッチします。各部分の名称を記入した後、各組織の機能に関する設問に答えます。
 観察した構造がどのような機能と関わるのかを常に考えて、肉眼解剖学・生理学などの講義内容と結びつけて理解することを重要視しています。
 100枚近くの組織標本を観察します。実習終了のころには一枚の組織標本から多くの情報が読みとれるようになります。

医学部2年生−「Zone A 脳解剖実習」
 脳解剖実習では実習指導書に従って人脳の解剖を行っていきます。6回の肉眼解剖実習と1回の組織学実習からなります。教科書では理解しにくい脳の三次元的構築を機能と結びつけて理解することを目標としています。最後に担当教員と学生との1対1の口頭試問を実施します。

その他の教育
医学研究入門I
 H27年度M1の前期に「細胞の病気」というタイトルで小池が講義を講義しました。当講座の研究テーマである細胞小器官の異常と疾患との関係、解剖学者としての医学生時代からのキャリアパス、順天堂大学での形態学研究の体制について概説します。

医学研究入門II
 国内の基礎医学分野の著名な先生をお招きして、自身の研究内容とキャリアパス、医学研究の面白さについて講演してもらいます。これまでに以下の先生方を紹介しました。

平成25年度
 森康子先生(神戸大学大学院医学研究科臨床ウイルス学講座教授)
 石井優先生(大阪大学大学院医学系研究科免疫細胞生物学講座教授)
平成26年度
 田中謙二先生(慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室 情動の制御と治療学研究寄附講座特任准教授)
 石井優先生(大阪大学大学院医学系研究科免疫細胞生物学講座教授)
平成27年度
 山中宏二先生(名古屋大学環境医学研究所教授)
医学研究I
 国内の基礎医学分野の著名な先生をお招きして、講義で学習した内容に関連した最先端の医学研究の特別講義を行います。平成29年度は石井優先生(大阪大学大学院医学系研究科免疫細胞生物学講座教授)をお招きする予定です。

基礎ゼミナール
 M3の6月〜7月の5週間にわたり、セミナーおよび実験指導を行います。当教室では主要テーマに関連した課題を設定し、マンツーマンで実験動物・培養細胞を用いて様々なイメージング技術(光学顕微鏡・蛍光顕微鏡・共焦点レーザー顕微鏡・電子顕微鏡等)・生化学・分子生物学的手法を修得し、得られた結果を考察してまとめ、最後に発表を行います。

基礎医学養成プログラム

  • 学部生の自主的な研究活動を随時歓迎しております

クラス担任制

  • 当講座の各教員はM2、M3のクラス担任を分担しております。

フレッシュパーソンズキャンプ

  • 小池はH21-27年度M1のフレッシュパーソンズキャンプに実行委員として参加しました。