大学紹介、カリキュラム、キャンパスライフ、入試情報等、順天堂大学医学部に関する様々な情報をご案内します。

受験生の皆様へ在学生の皆様へ卒業生の皆様へ一般の皆様へ医療関係の皆様へ
講座・研究室
医学部紹介入学案内教育カリキュラムキャンパスライフ講座・研究室交通アクセスお問い合わせ
講座・研究室

心臓血管外科学講座

教室案内

当科は昭和43年(1968年)に開設され当初は肺縦隔疾患を主体としていましたが、昭和59年 (1984年)細田教授就任後、心臓血管外科領域も幅広く行われるようになりました。特に冠状動脈バイパス手術においては、日本のパイオニア的存在となっております。平成14年(2002年)7月より胸部外科学は心臓血管外科と呼吸器外科に分かれ、現在は天野 篤教授のもと年間手術件数500件以上と、本邦有数の年間手術件数を誇っております。特にOPCAB(心拍動下冠動脈バイパス術)や弁形成術を積極的に取り入れ、更に複雑心奇形の根治術にも取り組んでおります。

卒後教育

1.外科専門医の取得
2年間の臨床研修の後、心臓血管外科医としてスタートするわけですが、入局後4年間は、外科医としての修練期間となります。当科では、入局後4年間での外科専門医取得を目的として、外科専門医の必修事項として盛り込まれている一般・消化器外科、呼吸器外科、小児外科、麻酔科を臨床研修中にローテーション出来なかった場合、または、これまでの研修では不十分と感じられた場合には、入局後あらためて研修することが可能です。
2.心臓外科専門医の取得
入局後3年目で外科専門医を取得した後、心臓血管外科専門医取得のため、指定された数多くの症例を経験することが必要となります。当科では、その豊富な手術症例から、最短で入局後5年で専門医取得のための到達目標をクリアすることが可能です。

大学院について

当科では、診療科の枠にとらわれず、基礎医学教室とも連携して様々な研究を行っております。研究期間は研究に集中できるよう、病棟を離れて他の研究室で自分のやりたい研究課題を追求することも可能です。また、海外における最新技術や知識の会得のため基礎研究者としての留学も推奨しています。

手術症例

本邦で有数の症例数を誇ります。
2011年 総手術例 631例
成人  529例
  虚血性心疾患  159例
  弁膜症  181例
  大血管疾患  124例
  その他  65例
  (いずれも重複例を含む)
小児   102例

症例報告・研究活動

臨床だけではなく、教育・研究面でも一流のものを得られるよう、忙しい合間をぬって学会活動・研究活動にも力を入れており、希望があれば研究期間が与えられ、基礎医学教室、他の研究施設、海外留学も含めて積極的な研究活動を推奨しております。

留学

当科では当院のみならず、生活の基盤を確保しつつ、国内における他機関への研修も積極的に行っています。さらに世界での最新の医療知識、手術手技や経験、加えて最新の研究についても学べるよう、アメリカ、オーストラリア、ドイツなど海外への留学も積極的に推奨しています。現時点でもアメリカに3名留学中です。

医学部教育

御入院されている患者様に触れ、数多くの疾患に触れることで、心臓血管外科領域の疾患についての知識を広げられるよう指導しています。
病棟実習の際には、各領域毎の勉強会を設け、疾患についての知識をより深めます。
また、「外科的手技の獲得」、「症例発表の仕方」、また「論文の書き方」についても細かく指導しております。

実習の実際
学生実習においては、手術見学を中心に行います。またICU(集中治療室)での患者管理も主要な実習課題です。
准教授、講師がまとめて分かりやすくクルズスを行います。
6年生を対象とした選択コースでは、積極的に患者管理および手術手技を学んでいただきます。