大学紹介、カリキュラム、キャンパスライフ、入試情報等、順天堂大学医学部に関する様々な情報をご案内します。

受験生の皆様へ在学生の皆様へ卒業生の皆様へ一般の皆様へ医療関係の皆様へ
講座・研究室
医学部紹介入学案内教育カリキュラムキャンパスライフ講座・研究室交通アクセスお問い合わせ
講座・研究室

代謝内分泌内科学講座

代謝内分泌内科学講座の医学教育

  当科では、糖尿病をはじめとした代謝疾患、及び内分泌疾患の診療にあたっています。学生が医師になった時、的確な考え、適切な態度でその診療に臨んでいける事を目標に、必要な知識・技能・考え方を教授しています。

1年次

  1年生では医師へのあゆみを自覚して頂くために医療入門・プロファッショなリズムと銘打った講義を受講します。当講座では、健康管理をする上で基本となる食事療法・運動療法に関する講義を担当しています。
ダイエットとスポーツ医学 

2年次

  2年生になりますと、基礎医学統合講義が始まります。このシリーズは、人体の生理学的機能の知識修得より始まり、疾患の病態を初めて学ぶ機会です。医学研究が最先端医療の開発・医師として多様なキャリアの形成に重要であることを学ぶ機会にもなります。当講座では糖尿病についての序章を担当しています。
糖尿病の病態〜膵β細胞機能異常、糖尿病の合併症の病態〜 

3年次

  臨床講義に先立ち、それまでに修得した知識をもとに、基本的な診察技法を学習します。私共の診療する甲状腺疾患が、頭頸部臓器のそれであることより、頭頸部診察実習を担当しています。
診察技法実習 頭頸部診察  

4年次

1. 臨床医学統合講義
  当科が診療する疾患に関する知識を、以下の11回の講義を通じて学習します。
糖代謝概論〜糖のながれとその偏位:糖代謝異常の理解に必要なロジック〜
   
糖尿病(1)〜病態を見据えた糖尿病治療戦略(生活習慣介入、薬物療法)〜
   
糖尿病(2)〜合併症の成因と管理〜 
糖尿病(3)〜糖尿病管理の新規アプローチと低血糖〜 
脂質代謝異常、その他の代謝異常 
内分泌概論〜ホルモン作用メカニズム〜 
視床下部‐下垂体‐標的臓器疾患 
甲状腺疾患  
副甲状腺疾患・骨代謝異常 
副腎疾患  
遺伝子異常による内分泌代謝疾患  
2. 第一期臨床実習
  臨床現場で行われる第二期、第三期、学生インターンシップ実習の基本となる知識・技能・態度などの習得のために行われます。当科では、2つの講義を担当しています。
症候論 〜肥満・やせ・脱水〜  
日本人の栄養摂取状況・栄養評価法 

5年次(一部6年次)

第二期臨床実習/第三期臨床実習
  座学で修得した知識をもとに、代謝内分泌疾患診療の現場を体験することで、臨床能力(態度・知識・技能)を修得する事を目的としています。1週間を使って実習しています。以下に代謝内分泌疾患に関する到達目標の一部をご紹介します。
糖尿病
  • 血糖状況が、いかに毎日の生活習慣と関わりあうかを実感する。
  • 血糖の目まぐるしい変化を体感する。
  • 薬物の血糖降下作用を実感する。
  • 血糖コントロールの目的が、状況(シックデイ・周術期・妊娠時など)に応じて変化しうることを体験する。
  • 糖尿病発症時期を類推できる。
  • 症例の糖尿病・病型分類ができる。
  • 血糖コントロールがうまくいかない原因を類推できる。
  • 合併症の評価ができる。
  • 理想的糖尿病治療計画を指導医と討議し、立案できる。
  • 糖尿病治療目標を念頭に置き、症例をいかに勇気付けるか、いかに継続可能な糖尿病治療戦略を立てるかを指導医と討議できる。
内分泌疾患
  • ホルモン分泌異常の症状は、個体・臓器のホルモン応答性の違いにより多彩であることを実感する。
  • 内分泌系の異常は、上位中枢・ホルモン分泌臓器・ホルモン標的臓器応答を同時網羅的に評価することにより可能となることを理解する。
  • なぜ負荷試験が必要となるかを理解する。
  • 負荷試験は、危険性を理解する。
  • 腫瘍などによる分泌過剰症の局在診断法を説明できる。
  • クッシング症候群術後にグルココルチコイド補充が必要となる逆説的事実を説明できる。
  • 分泌低下症における薬物投与は、薬理量投与による介入ではなく、補充療法であることを理解する(特にグルココルチコイド)。

担当教官
順天堂医院に属する全医局員

6年次

学生インターンシップ実習

  1年次から5年次までのカリキュラムを消化し、その中で代謝内分泌に興味をもった学生が選択で2週をかけて実習を行っています。学生には、研修医と同等の意識をもって準研修医として実習に臨んでもらっています。また臨床のみならず、研究の持つワクワク感を肌で感じてもらえるよう指導しています。

担当教官
順天堂医院に属する全医局員

必修コース

  国家試験の必修項目を通して、卒業試験・国家試験の要点を理解する目的で行っています。国家試験に頻出される領域は、臨床医として要求される知識とも重なります。
代謝・内分泌学領域の疾患