大学紹介、カリキュラム、キャンパスライフ、入試情報等、順天堂大学医学部に関する様々な情報をご案内します。

受験生の皆様へ在学生の皆様へ卒業生の皆様へ一般の皆様へ医療関係の皆様へ
キャンパスライフ
医学部紹介入学案内教育カリキュラムキャンパスライフ講座・研究室交通アクセスお問い合わせ

閉じる

Message from OB & OG
順天堂の卒業生はみんな順天堂が大好き
田村 剛さん
平成12年卒業
(順天堂大学小児外科・小児泌尿生殖器外科医局長)
順天堂の卒業生はみんな順天堂が大好き、そして順天堂を誇りに思っています。
なぜか。それは医師として人として順天堂に育ててもらったということへの感謝があり、臨床、研究、教育のすべてで不断前進、発展していく母校への尊敬があるからではないででしょうか。
まず順天堂は教育に熱心なスタッフが多く、面倒見がものすごくいいところです。結果、順天堂ほど入学から国家試験までストレートで受かる医学校を他に知りません。
そして順天堂はクラブ活動も活発です。私はスキー部に所属し、関東大会で初の総合優勝を勝ち取り、雪上で校歌を歌ったことが一番の思い出です。
私は大学卒業後、某有名国立研修病院で臨床研修を行い、順天堂に戻りました。外にでると順天堂のよさがさらにわかります。患者さんへの対応、他の医師、コメディカルへの対応。非常に優しく丁寧です。患者さんに満足される医療はただ知識があるだけではダメだなあと痛感します。そしてよい医療には他のスタッフの力がとても重要なのです。患者さんによりよい医療を提供していくことも順天堂でさらに学んだ気がします。
順天堂は偏差値以上の大学です。こんなに母校を愛せて、誇りに思える大学。みなさんも順天堂に入り順天堂familyの一員になりませんか。
皆さんと共に勉強できることを心から楽しみにしています
市村浩一郎さん
平成13年卒業
(順天堂大学 医学部 解剖学第一講座)
学生のころから、基礎の教室に出入し、無心に研究に打ち込んでいたのが懐かしい思い出です。結局、好きが高じて、現在の教室に入局することになりました。
振り返ってみると、学生時代は何か物事に打ち込むには絶好の機会だったと思います。とはいえ、これは卒業して初めて気付いたわけで、学生時代には考えもしなかったことです。ですから、学生の皆さんには、順天堂で過ごす貴重な6年間を、勉学はもちろん、スポーツ、趣味その他に熱中した、有意義で、思い出深いものにしていただきたいと願っています。一先輩からのアドバイスとして心に留めてもらえれば幸いです。
1年生、2年生の皆さん、そして将来順天堂に入学される皆さんとは、今度は解剖実習でお会いすることになると思います。皆さんと共に勉強できることを心から楽しみにしています。
順天堂という垣根のない環境で学び、学生生活を送ることができて本当に良かった
丸山真由子さん
平成16年卒業
(順天堂浦安病院にて研修中)
順天堂は良い意味で“垣根”がないとよく言われます。まずは学生一年目の寮生活。ここではスポーツ健康学部の同級生と共に自然あふれる千葉県佐倉の近くの酒々井の地で楽しい寮生活を送りました。“学部”を越えた交流を持つことにより医師として働く上でも重要な協調性や、お互い助け合い、思いやることの大切さを知ることができました。本郷キャンパスに移ってからはいろいろなイベントを通し、“学年”の垣根を越えてたくさんの先輩・後輩と知り合う機会に恵まれました。学生時代に築いた絆の強さや、縦・横のつながりの重要性を、医師になった今改めて再認識しています。順天堂での多くの先輩・同期・後輩との交流から、6年間の間に“人間性重視”という考え方が自然に身についていた為、研修医となっても患者さんの痛みがわかり、思いやりを持って接することができたように思えます。そして、順天堂にはいろいろな大学から先生が来ています。私と同じ研修医にも他学出身の友人はたくさんいて、お互いに大学の特性を生かしつつ、良い影響を受けながら成長している感じです。このように順天堂という垣根のない環境で学び、学生生活を送ることができて本当に良かったと思います。