Twitter
学校法人順天堂@juntendo1838
スポーツ健康科学部@juntendo_sakura
医療看護学部@juntendo_nurse
練馬病院@juntendo_nerima
LINE
学校法人順天堂@juntendo
スポーツ健康科学部@juntendo.sakura
Instagram
スポーツ健康科学部juntendo_sakura
順天堂NEWSJuntendo News
順天堂大学NEWSUs NEWS
研究活動Research activities
順天堂大学医学部附属病院NEWSHospitals NEWS
NEWS
2004.07.30 ()
法人サイト附属病院サイト

順天堂浦安病院創立20周年記念式典、式辞

理事長

順天堂の歴史は天保9年(1838年)、初代佐藤泰然先生が江戸薬研堀にオランダ医学塾を開いたときに遡ります。以来、日本最古の西洋医学を伝授する塾として今日に至っております。幕末の動乱期、順天堂は江戸から千葉の佐倉の地に本拠を移しました。当時の西洋排斥・攘夷の風潮から逃れる為でもありました。時の千葉・佐倉の藩主は"西洋堀田"とあだ名されるほど西洋文明に理解を示した英明な名君でありました。その庇護を受け、順天堂医学塾は多数の門下生とともに佐倉に移り住みました。そこで「旧新の医学、佐倉の林中より生ず」と言われたが如く、全国諸藩より百人を越える門下生が佐倉の地に集まったのであります。
第2代目の堂主、佐藤尚中は明治二年、時の政府によって設立された大学東校(東京大学医学部の前身)の初代校長として27名の教授陣中、20余名の教授を順天堂より率いて赴任致しました。現在の順天堂は東京都文京区、御茶ノ水駅前、湯島と本郷に亘る地域に大学本部を構え、1020床の病院(順天堂医院)、静岡県には順天堂伊豆長岡病院(512床)、埼玉県に順天堂大学越谷病院(226床)、東京都江東区に東京江東高齢者医療センター(320床)、更に平成17年度に開設する練馬区の順天堂練馬病院(400床)、そしてここ千葉県の順天堂浦安病院(653床)を加えますと総病床数3000を超え、日本一の病床数を誇る大学付属病院群になります。6つの基幹病院では順天堂が建学以来掲げて来た"仁"の心に基づいた医療を推進していきます。
順天堂の校章は明治初年度、順天堂病院における薬袋に使われた「仁」を意匠化したものです。「人ありて我あり。他を思いやり、慈しむ心、仁」これが順天堂に学ぶ者全ての目指すところであります。
ここ順天堂浦安病院は東京24区目とも言われるディズニーランドを有する浦安―市川市に位置し、周辺人口約100万人を対象とした医療を展開し、20周年を迎えることになりました。これを記念して、大学付属病院としての機能の充実を企画していましたところ、幸いにも(1)厚労省の御裁下を戴きICU・CCUをコアとした153床の増床、(2)文科省より(性差)環境医学研究所設立助成を戴くことが出来ました。(3)これらは地元医師会、浦安市、そして千葉県の絶大なる御支援を戴いた賜物であります。
順天堂大学医学部付属浦安病院は順天堂167年の伝統に基づき、仁の心を尊び、病める人々の立場に立った医療に今後も邁進していく所存です。病む人、そしてその御家族の方々の信頼と癒しの場所として順天堂浦安病院が十二分に機能することを心より願っております。