Twitter
学校法人順天堂@juntendo1838
スポーツ健康科学部@juntendo_sakura
医療看護学部@juntendo_nurse
練馬病院@juntendo_nerima
LINE
学校法人順天堂@juntendo
スポーツ健康科学部@juntendo.sakura
Instagram
スポーツ健康科学部juntendo_sakura
順天堂NEWSJuntendo News
順天堂大学NEWSUs NEWS
研究活動Research activities
順天堂大学医学部附属病院NEWSHospitals NEWS
NEWS
2006.06.19 ()
法人サイト大学サイト

和賀井敏夫名誉教授 日本学士院賞受賞特別記念講演会のお知らせ(11/18開催)

理事長 小川秀興
和賀井敏夫順天堂大学名誉教授は、「超音波診断法の創始と発展に関する研究」の優れた業績により、日本学士院賞を受賞されました。  この賞は、学術の発展に寄与するために必要な事業を行う日本学士院が、学術上特に優れた論文、著書、その他の研究業績に対し表彰を行うものです。明治44年より創設され、日本の学術賞としては大変権威のある賞として知られています。
この度の和賀井名誉教授の受賞は、近年の医療において病気の早期発見や診断に欠かせないCT、MRI、PETなどの画像診断法の一つである超音波画像診断法の開発・発展に関する業績が評価されたものであります。和賀井名誉教授は、戦後間もない時期(昭和25年)に世界でいち早く超音波画像診断法の開発に着手し、欧米の研究先駆者たちが数年にして研究を中断放棄してしまった中で、数々の苦難を重ね、人体に害を与えることなく断層像を描写できる超音波診断法を実用化。その後、日本のみならず世界の画像診断の発展普及に多大なる貢献をされました。和賀井名誉教授の基礎から臨床に続く“壮大な研究”は、その多くが順天堂大学において遂行されました。
順天堂大学関係者で日本学士院賞を受賞された方は、医史学の小川鼎三先生(昭和26年)に次いでお二人目となります。また、私立大学医科系として受賞された方は、慶應義塾大学の加藤元一先生(昭和2年)と冨田恒男先生(昭和50年)、東京慈恵会医科大学の名取礼二先生(昭和56年)など極めて少数の方々であります。何れにしましても順天堂大学としては、大変名誉なことと喜んでおります。
なお、7月3日(月)に天皇皇后両陛下ご出席のもと授賞式が挙行されます。
そして、和賀井名誉教授の日本学士院賞受賞記念としての特別記念講演会を下記のとおり開催しますので、ご案内申し上げます。

『和賀井敏夫名誉教授 日本学士院賞受賞特別記念講演会』及び『記念祝賀会』のご案内

日時平成18年11月18日(土)15時30分から17時
場所順天堂大学 本郷キャンパス 有山登記念館講堂
※講演会終了後、有山登記念館地下食堂において記念祝賀会を催します。多数のご参加をお待ち申し上げます。