Twitter
学校法人順天堂@juntendo1838
スポーツ健康科学部@juntendo_sakura
医療看護学部@juntendo_nurse
練馬病院@juntendo_nerima
LINE
学校法人順天堂@juntendo
スポーツ健康科学部@juntendo.sakura
Instagram
スポーツ健康科学部juntendo_sakura
順天堂NEWSJuntendo News
順天堂大学NEWSUs NEWS
研究活動Research activities
順天堂大学医学部附属病院NEWSHospitals NEWS
NEWS
2015.01.12 ()
法人サイト大学サイト

第2回 理研・順天堂共同研究発表会を開催

2014年12月22日(月)、順天堂大学と独立行政法人理化学研究所(以下、理化学研究所)は、昨年に引き続き第2回共同研究発表会を開催しました。

順天堂大学と理化学研究所は2012年4月26日に包括的基本協定を締結し、順天堂大学の豊富な医療実績、臨床現場からのニーズと理化学研究所のシーズを活かして、インフルエンザウィルス検出キットの開発や各種がんや免疫疾患、生活習慣病、難病などに対するバイオマーカーの開発など、数多くの共同研究を進めています。

共同研究発表会は、順天堂大学センチュリータワーで開催され、学校法人順天堂 小川秀興理事長と理化学研究所 川合眞紀理事による開会のご挨拶ののち、基調講演と数々の共同研究プロジェクトの担当研究者による活動報告発表が行われました。基調講演として理化学研究所 林﨑良英プログラムディレクターより「未来病院構築の為に」、続いて新井一医学研究科長・医学部長より「順天堂における未来医療の展開」と題して、共同研究を踏まえた未来像がレクチャーされました。活動報告では、基調講演を受けて未来像を示す「ゲノム医療領域」と「再生医療領域」の研究がまず発表され、続いて共同研究の成果を中心とした「感染症領域」、「がん領域」、「神経疾患領域」の研究の進捗が発表されました。演題数は全15題にのぼり、密度の濃い発表会となりました。最後に順天堂大学 木南英紀学長と理化学研究所 大江田憲治理事よりご挨拶をいただき閉会となりましたが、その後に行われた情報交換会でも熱気に満ちた討論が交わされました。

理化学研究所からは、川合眞紀理事、大江田憲治理事をはじめとする約30名、順天堂からは、小川秀興理事長、木南英紀学長をはじめとする約90名、その他関係諸機関からの参加者を含めて参加者は合計130名を超え、第1回共同研究発表会を大きく上回る規模となりました。

今後も、順天堂大学と理化学研究所は、共同研究を通して、早期診断と治療の道を開き、トータルヘルスケアを目指した医療現場のニーズに応えていきます。

学校法人順天堂 小川秀興理事長による、開会のあいさつの様子

学校法人順天堂 小川秀興理事長による、開会のあいさつの様子

理化学研究所 林﨑良英プログラムディレクターによる、基調講演の様子

理化学研究所 川合眞紀理事による、開会のあいさつの様子

理化学研究所 林﨑良英プログラムディレクターによる、基調講演の様子

理化学研究所 林﨑良英プログラムディレクターによる、基調講演の様子

順天堂大学 新井一医学研究科長・医学部長による、基調講演の様子

順天堂大学 新井一医学研究科長・医学部長による、基調講演の様子

活動報告発表の様子

活動報告発表の様子

順天堂大学 木南英紀学長による、閉会のあいさつの様子

順天堂大学 木南英紀学長による、閉会のあいさつの様子

理化学研究所 大江田憲治理事による、閉会のあいさつの様子

理化学研究所 大江田憲治理事による、閉会のあいさつの様子