Twitter
学校法人順天堂@juntendo1838
スポーツ健康科学部@juntendo_sakura
医療看護学部@juntendo_nurse
練馬病院@juntendo_nerima
LINE
学校法人順天堂@juntendo
スポーツ健康科学部@juntendo.sakura
Instagram
スポーツ健康科学部juntendo_sakura
順天堂NEWSJuntendo News
順天堂大学NEWSUs NEWS
研究活動Research activities
順天堂大学医学部附属病院NEWSHospitals NEWS
NEWS
2015.08.17 ()
法人サイト大学サイト

国際競技会「Juntendo International 2015」を開催

世界陸上直前に各国チームが結集!大学初の国際競技会を学生が運営して開催

順天堂大学(学長:木南英紀)スポーツ健康科学部「さくらキャンパス(千葉県印西市)」は、8月22日から開幕する世界陸上競技選手権大会北京大会に出場するアメリカチームの事前キャンプ地となっています。

8月15日(土)に、本学スポーツ健康科学部さくらキャンパスの陸上競技場において、印西市(市長:板倉正直)との共催による「Juntendo International 2015」を開催しました。本イベントでは、本学スポーツ健康科学研究科の大学院生や陸上競技部の学生などが主体となって企画運営を行い、事前キャンプで日本滞在中の海外トップ選手を多数招いた国際競技会「International Challenges」も実施しました。各国代表選手を集めた競技会を大学が開催するのは、国内初の試みとなりました。世界陸上メダル有力候補の100mトレイボン・ブロメル選手や、400mのトニー・マッケイ選手などアメリカ選手15名をはじめ、オーストラリア選手10名とニュージーランド選手11名、日本代表として出場予定の北川貴理(本学スポーツ健康科学部1年)、松下祐樹選手(本学H26年卒)や山本聖途選手など日本代表選手5名を含む総勢124名が参加し、競技会開催中の通訳ボランティアを本学国際教養学部の学生が務めました。

また、地元・印西市内の小学生を対象にしたオリンピアンによるかけっこ教室や、印西市・佐倉市・成田市の中学生を対象としたリレー大会も同日開催しました。参加児童・生徒は「International Challenges」を通して、学生たちが演出した海外競技会の雰囲気を感じながら、世界陸上に出場する世界トップクラスのアスリートの競技を目の前で観戦しました。


【イベント運営ディレクター:スポーツ健康科学部 准教授 山崎 一彦 コメント】
 大学レベルにおいて各国代表チームを招いた国際競技会の開催は、日本では初の実績となりました。競技場のリニューアルが一つの追い風になったと思っています。学生たちの手で学部を越えた運営が実現できたことは、2020年を目指して活動を推進している本学にとっても、非常に大きな一歩です。スポーツと国際教養の分野に強みを持つ大学として、キャンプ誘致活動にとどまらず様々な可能性を視野に入れながら、今後も、2020年に向けた取り組みを大学内外へ積極的に展開し、発信して参ります。
【イベント「Juntendo International 2015」 概要】

1)実施日: 2015年8月15日(土)14:00~19:00

2)場所:順天堂大学スポーツ健康科学部さくらキャンパス(住所:千葉県印西市平賀学園台1-1)

3)スケジュール
①オリンピアンによるかけっこ教室(14:00~15:30) 
・参加者:印西市内の小学生38名
・ゲスト:高平慎士(2008年北京オリンピック 男子4×100mリレー銅メダリスト)
②リレー大会「Juntendo Relays」(14:00~15:00) 
・参加者:印西市・佐倉市・成田市の中学生180名(男子:17校、女子:16校)
・予選後、上位8チームによる決勝レースを「International Challenges」で実施。
③国際競技会「International Challenges」(16:00~19:00)
・参加国/選手数:アメリカ15名、オーストラリア10名、ニュージーランド11名、日本88名
・男子種目(計9種目)100m、200m、400m、1000m、400mH、走高跳、棒高跳、砲丸投、やり投
・女子種目(計12種目)100m、200m、400m、800m、1000m、100mH、400mH、走幅跳、円盤投、やり投、ハンマー投、砲丸投
・大会MC:Don Purdy(ダン・プーディー)氏

かけっこ教室に高平選手が参加

小学生のかけっこ教室には高平慎士選手が参加

リレー大会

佐倉市・印西市・成田市の中学生が参加したリレー大会

ブロメル選手へ学生がインタビュー

トレイボン・ブロメル選手へのインタビューとその通訳に学生が挑戦

学生がイベントを運営

学生が中心となってイベントを運営

世界トップクラスのアスリートが参加

国際競技会「International Challenges」には
世界トップクラスのアスリートが参加しました

ニュージーランド新記録を打ち出したペティ選手

競技会で実施した女子1000mで
ニュージーランド新記録を打ち出したアンジェラ・ペティ選手

世界陸上事前キャンプ

イベント運営、通訳ボランティアを務めた学生たち