Twitter
学校法人順天堂@juntendo1838
スポーツ健康科学部@juntendo_sakura
医療看護学部@juntendo_nurse
理学療法学科@Juntendo_PT
練馬病院@juntendo_nerima
YouTube
学校法人順天堂順天堂/Juntendo Univ
LINE
学校法人順天堂@juntendo
スポーツ健康科学部@juntendo.sakura
Instagram
スポーツ健康科学部juntendo_sakura
理学療法学科juntendo_pt
順天堂NEWSJuntendo News
順天堂大学NEWSUs NEWS
研究活動Research activities
順天堂大学医学部附属病院NEWSHospitals NEWS
NEWS
2018.03.19 ()
プレスリリース附属病院

ユーイング肉腫の悪性度に関与するXBP1の同定 ~小胞体ストレス応答をターゲットとした新規治療法の開発へ~

順天堂大学医学部整形外科学講座(順天堂大学医学部附属順天堂医院整形外科)の末原義之准教授、田邊雄医員、金子和夫教授、人体病理病態学講座の齋藤剛准教授らの研究グループは、ユーイング肉腫1において、がん遺伝子のEWS/FLI1融合遺伝子2が制御するタンパク質の網羅的解析から、XBP13を中心とした小胞体ストレス応答4が悪性度に関与していることを発見しました。さらに、XBP1阻害剤であるToyocamycin5が高い抗腫瘍効果を持つことを発見しました。本成果は悪性度の高いユーイング肉腫の治療に大きく道を開く可能性を示しました。本研究は米国のがん治療の科学誌「Oncotarget 」オンライン版 (2018年2月9日)で発表されました。
本研究成果のポイント
  • ユーイング肉腫の悪性度にXBP1を介す小胞体ストレス応答が関与することを発見
  • XBP1阻害剤のToyocamycinが高い抗腫瘍効果を持つことを発見
  • 小胞体ストレス応答をターゲットにしたユーイング肉腫新規治療法の開発に道
*1. ユーイング肉腫: 小児に発生する悪性の骨軟部腫瘍。発生頻度は骨腫瘍では骨肉腫に次いで二番目に多い
*2. EWS/FlI1融合遺伝子: 第22染色体と第11染色体が転座することによって出来るユーイング肉腫に特異的な遺伝子の異常
*3. XBP1: X-box binding protein 1の略称。小胞体ストレス応答の主要な経路を担うタンパク質 
*4. 小胞体ストレス応答: 小胞体ストレス(不良タンパク質の集積によるストレス)を処理すること
*5. Toyocamycin: 多発性骨髄腫や膵臓癌等他の疾患においても抗腫瘍効果が期待されている、XBP1経路を中心とした小胞体ストレス応答阻害剤