Twitter
学校法人順天堂@juntendo1838
スポーツ健康科学部@juntendo_sakura
医療看護学部@juntendo_nurse
理学療法学科@Juntendo_PT
練馬病院@juntendo_nerima
LINE
学校法人順天堂@juntendo
スポーツ健康科学部@juntendo.sakura
Instagram
スポーツ健康科学部juntendo_sakura
理学療法学科juntendo_pt
順天堂NEWSJuntendo News
順天堂大学NEWSUs NEWS
研究活動Research activities
順天堂大学医学部附属病院NEWSHospitals NEWS
NEWS
2020.02.26 ()
プレスリリース大学・大学院

日本人に多い肺がん(肺腺がん)の新たな治療標的及び術後予後の予測マーカーを発見

発表のポイント
  • これまで明らかでなかった日本人の軽喫煙者・非喫煙者の肺腺がんの遺伝子異常について996例を調べて、変異EGFRなどのドライバー遺伝子注1のない125例について網羅的ゲノム解析を行い、新たながん遺伝子を発見しました。
  • ドライバー遺伝子陰性肺腺がんの約7割に、治療の標的となる遺伝子変異を同定しました。
  • 術後再発のリスクを予測可能な、術後予後の予測マーカーを新たに同定しました。
国立研究開発法人国立がん研究センター研究所細胞情報学の高阪 真路 主任研究員、間野 博行 分野長、順天堂大学人体病理病態学講座の林 大久生 准教授、同大呼吸器外科学講座の高持 一矢 准教授らの研究グループは、軽喫煙者・非喫煙者の肺腺がんの悪性化に関わるメカニズムを解明し、発がんの原因となる遺伝子変異を新たに明らかにしました。また、手術後再発のリスクの予測に重要な3種類の遺伝子を同定することに成功しました。
肺腺がんは、日本人の肺がんで多く、非喫煙者や女性でも発症しますが、非喫煙者は喫煙者に比べ一般的に遺伝子変異数が少なく、発症原因や治療標的が明らかでないため、研究開発が強く求められていました。
本研究成果は、米国科学雑誌「Journal of Thoracic Oncology」に、2月26日付で掲載されました。

SDGs300