Twitter
学校法人順天堂@juntendo1838
スポーツ健康科学部@juntendo_sakura
医療看護学部@juntendo_nurse
国際教養学部@juntendofila
理学療法学科@Juntendo_PT
診療放射線学科@Juntendo_RT
練馬病院@juntendo_nerima
YouTube
学校法人順天堂順天堂/Juntendo Univ
LINE
学校法人順天堂@juntendo
スポーツ健康科学部@juntendo.sakura
Instagram
順天堂大学juntendo_1838
スポーツ健康科学部juntendo_sakura
国際教養学部juntendo_fila
理学療法学科juntendo_pt
診療放射線学科juntendo_rt
順天堂NEWSJuntendo News
順天堂大学NEWSUs NEWS
研究活動Research activities
順天堂大学医学部附属病院NEWSHospitals NEWS
NEWS
2021.10.26 ()
スポーツ国際大会スポーツ国際大会NEWS & REPORTS注目

【世界体操】橋本選手が個人総合と鉄棒で「銀」、萱選手はあん馬で銀メダル獲得

世界体操2021_メダル獲得

橋本大輝選手(左)と萱 和磨選手(右)
体操の世界選手権(世界体操)が10月18日から24日まで北九州市立総合体育館で行われ、本学勢がメダルラッシュに沸きました。

橋本大輝選手(本学スポーツ健康科学部2年)は6種目の合計で競う個人総合で銀メダルを獲得しました。2種目目のあん馬で落下した後は、安定した演技を続け、最終種目の鉄棒で15.133点の高得点をマーク。中国の張博恒選手には合計でわずか0.017点及ばず、87.964点で2位となりました。
橋本選手は種目別鉄棒でも、カッシーナ、コールマンを華麗に決め、着地もわずかに動く程度のほぼ完璧な演技を披露。15.066点を獲得したものの、会心の演技を見せた中国の胡旭威選手に逆転され、2位にとどまりました。
橋本選手は東京五輪では個人総合と種目別鉄棒で金メダルを獲得しており、今回の銀メダルを今後の糧にしていくとしています。
萱和磨選手(本学大学院スポーツ健康科学研究科博士後期課程1年、セントラルスポーツ所属)はあん馬で銀メダルを獲得。F難度のブスナリを決めるなど、ミスのない演技で会場を沸かせました。14.900点をマークし、中国選手と同点で2位。東京五輪での3位を上回り、さらに成長した姿を披露しました。
このほか、橋本選手が種目別平行棒で4位、萱選手が種目別床運動と種目別平行棒でそれぞれ6位と健闘しました。

世界体操2021

それぞれ見事な演技を披露した橋本選手(左)と萱選手(右)