Twitter
学校法人順天堂@juntendo1838
スポーツ健康科学部@juntendo_sakura
医療看護学部@juntendo_nurse
国際教養学部@juntendofila
理学療法学科@Juntendo_PT
診療放射線学科@Juntendo_RT
練馬病院@juntendo_nerima
YouTube
学校法人順天堂順天堂/Juntendo Univ
LINE
学校法人順天堂@juntendo
スポーツ健康科学部@juntendo.sakura
Instagram
順天堂大学juntendo_1838
スポーツ健康科学部juntendo_sakura
国際教養学部juntendo_fila
理学療法学科juntendo_pt
診療放射線学科juntendo_rt
順天堂NEWSJuntendo News
順天堂大学NEWSUs NEWS
研究活動Research activities
順天堂大学医学部附属病院NEWSHospitals NEWS
NEWS
2022.07.19 ()
スポーツ国際大会スポーツ国際大会

世界陸上2022に本学から3名の選手が出場。男子20km競歩で住所大翔選手が8位入賞

第18回世界陸上競技選手権大会が米国・オレゴン州で7月15日(日本時間16日)から10日間の日程で始まり、男子20km競歩で住所大翔選手(大学院スポーツ健康科学研究科博士前期課程1年)が8位入賞を果たしました。10km過ぎの先頭集団のペースアップにも対応し、15km手前まで優勝争いを展開。先頭から遅れた後も粘りのレースを披露し、1時間20分39秒の好タイムでフィニッシュしました。気温28度の暑さの中、大会初出場ながら堂々と世界の一流選手と渡り合いました。

男子3000m障害に出場した三浦龍司選手(スポーツ健康科学部3年)は、予選2組で8分21秒80の5着となり、7位入賞した昨夏の東京五輪に続く決勝進出にはなりませんでした。男子110m障害に出場した村竹ラシッド選手(スポーツ健康科学部3年)は、予選4組で13秒73の6着となり、準決勝進出はかないませんでした。

今回の世界選手権には本学から上記3名の選手が出場しました。世界の舞台に挑戦した選手たちへの温かいご声援をありがとうございました。引き続き応援のほど、よろしくお願いいたします。

住所大翔選手

住所大翔選手

三浦龍司選手

三浦龍司選手

村竹ラシッド選手

村竹ラシッド選手