ATHLETE
アスリートインタビュー
COACH
指導者インタビュー
FEATURE
特集記事
NEWS & REPORTS
 
2019.04.26 
“負けず嫌いの泣き虫”がスカッシュ界のエースに。日本のトップランナーが世界の頂点を目指す!-前編-

“負けず嫌いの泣き虫”がスカッシュ界のエースに。
日本のトップランナーが世界の頂点を目指す!
-前編-

机龍之介 RYUNOSUKE TSUKUE
順天堂大学スポーツ健康科学部4年生

机龍之介選手01

四方を壁に囲まれたコートでボールを打ち合うスポーツ「スカッシュ」。順天堂大学スポーツ健康科学部の机龍之介選手は、17歳3カ月で全日本選手権最年少優勝を果たし、2018年11月には5連覇を達成しました。大学卒業後は、プロスカッシュプレーヤーとして、本格的に世界の頂点を目指す戦いに挑みます。国内の頂点に立つまでの苦悩や挫折、順天堂大学での出会い、日本スカッシュ界のトップランナーとしての熱い思いを聞きました。

国際大会で感じた世界との差。悔しさが成長の糧に

―いつ、どのようなきっかけでスカッシュを始めたのでしょうか。

机龍之介選手02

趣味でスカッシュを楽しんでいた両親の影響で、母のお腹にいた頃からコートに通っていたそうです。8歳年上の兄もスカッシュの選手で、家族全員がスカッシュ好き。初めてラケットを握ったのがいつだったか分からないほど、身近なスポーツでした。
初めて大会に出場したのは、5、6歳の頃。試合で泣きながらプレーしたことを、今でもよく覚えています。親に「泣かなかったらおもちゃを買ってあげる」と言われて出場したんですが、結局1点取られるだけで泣いてしまって…。年上の相手ばかりでしたから、「勝てなくて当たり前。泣かずに頑張れ」と励まされたのですが、自分では勝ちたくて仕方がなかったんです。小学4年生頃からは、すでに日本のトップ選手になっていた兄と一緒に練習し、兄の姿に刺激を受けながらスカッシュに打ち込むようになりました。

―選手として、本格的に競技に打ち込むようになった転機はありますか。

2011年の世界ジュニア選手権に、初めて日本代表として出場した時です。中学3年生の時でした。

机龍之介選手03

その大会で日本チームは団体6位になり、過去最高の成績を挙げたのですが、僕自身は悔しい思いしか残りませんでした。スカッシュの団体戦は1チーム3人で戦いますが、僕はチームの4番手。大事な試合ではプレーすることができなかったんです。ほかの3人が活躍する姿を観ながら、自分も一緒に戦って勝ちたい、と強く思いました。しかし同時に、世界のレベルと自分の実力の差を痛感し、このままでは戦えないとも思いました。
その時から、日本のトップを目指すのはもちろん、世界の舞台を見据えた練習をするようになりました。

―世界との差は、どのような部分に表れていたのでしょうか。

全部です。動きのスピードも、ショットのコースも、全ての面でほかの国の選手の方が上でした。本当に何もさせてもらえなかった。「まだ自分は世界で戦うスタートラインにも立てていない」。そう感じて、とても悔しかったです。

机龍之介選手04

僕自身、その大会までは、国内の年代別の試合ではすべて優勝していて、自分の力にそれなりに自信を持っていました。代表に選ばれたときも、世界でもきっといいプレーができるだろうと、根拠なく思い込んでいたんです。しかし、実際は全く歯が立たなかった。日本代表になったことがただ嬉しくて、ワクワクしながら大会に臨んでいたので、その分だけショックも大きかったように思います。


―最初の挫折ともいえる経験だったと思いますが、それを乗り越えて自分を高めていくために、どのようなことを変えていったのですか。

自分に何が足りないのか、何が必要なのかを考えながら練習するようになりました。
世界ジュニア以前から、兄には「考えながら練習しろ」と指摘されていたのですが、なぜ考えなければならないのかが理解できていなかった。世界のレベルを目の当たりにして初めて、「ただ強くなりたいと思うだけでは強くなれない。やみくもに練習するだけでは世界との差は埋まらない」とはっきり分かったんです。具体的にどこを強化すれば強くなれるのかを考え、練習とは別に、フットワークやダッシュのトレーニングメニューを増やしていきました。

机龍之介選手05

大学のスカッシュコートで練習する机選手

「日本一」から始まった苦悩と努力の日々

―世界ジュニアの3年後、2014年には17歳3カ月全日本選手権を初制覇しました。史上最年少優勝を果たした時は、嬉しかったのではないですか?

少し懐かしいですね。その前年の全日本選手権は、本戦1回戦で敗退。正直に言うと、その成績を上回りたいとは思っていましたが、優勝まで視野に入れて臨んでいたわけではなかったんです。ですから、準決勝で憧れだった選手と対戦した時も、緊張や「勝ちたい」という気持ちより、こんなすごい選手と同じ舞台でプレーできるんだ、という興奮の方が大きかったと思います。
決勝戦では、日本一を決める場所に自分が立っていることが信じられない、という感覚でした。地に足が付いていなかったのか、3ゲーム先取の試合で2ゲームを失ってしまったのですが、友達や家族の応援に応えようと夢中でプレーし、逆転することができました。優勝した瞬間も、喜びよりも、やはり「信じられない」という思いで頭がいっぱいでしたね。

机龍之介選手06

―そこから2018年まで5連覇を達成しています。その過程ではどのような苦労があったのでしょうか。

無我夢中で日本一になったその後が、これまでの競技人生で最大の転機だったと思います。
最年少優勝をしたことで、いろいろな方に注目していただけるようになりました。祝福の言葉もたくさんいただきましたが、「連覇してこそ実力」という厳しい声も届いていました。優勝したことで、追いかける側から追いかけられる側になり、過去にないプレッシャーを感じるようになったんです。
そこからの1年間は、前にも増して、どんな練習をすべきかを真剣に考えるようになりました。その日にやると決めた練習は必ずやり遂げることを自分に課し、一日一日を本当に大切に過ごしていたと思います。怠けたくなる時もあったのですが、誰にも負けたくないという気持ちを支えに、自分を律していました。やっぱり負けるのは何よりも悔しい。小さい頃から負けるのは大嫌いでしたから。
次の年の全日本選手権は、絶対に優勝するという強い気持ちで臨んだ大会でした。日々の練習で培った力は強い自信になり、緊張しすぎることもなく、思い通りのプレーをすることができました。2連覇できた瞬間は、初優勝の時の何倍も嬉しかったですね。1日も無駄にしないと誓い、1年間練習を積み重ねたこと。それが、プレッシャーに押し潰されることなく、2度目の優勝を手にできた理由だと思います。

机龍之介選手07

「全日本スカッシュ選手権大会」では5連覇を達成している
写真は2017年大会のもの。写真提供:公益社団法人日本スカッシュ協会)
【プロフィール】
机 龍之介 RYUNOSUKE TSUKUE
順天堂大学スポーツ健康科学部スポーツマネジメント学科 4年
スカッシュ部

神奈川県立旭高校出身。2016年、順天堂大学入学。ジュニア時代は、香港ジュニア、KLジュニアなど数々の国際大会で優勝し、世界ジュニアランキングで最高4位、アジアジュニアランキングでは1位をマークした。2014年、全日本選手権で史上最年少優勝を果たし、2018年には5連覇を達成。国内ランキング1位(2019年4月現在)。